レビュー
» 2020年09月20日 12時00分 公開

東京のビルで水耕栽培をしてみた 同人誌『屋上を水耕栽培でハックする』が伝える面白さと難しさ司書みさきの同人誌レビューノート

ベランダからスタートし、舞台は屋上へ。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 季節限定のかぼちゃ味のお菓子、マロンクリームの飲み物など、秋を味わうメニューをあちこちで見掛けるようになりました。実りの季節を堪能しながら、次のシーズンはもしかしたら自分の手で育てた成果を味わえるかも? という同人誌に出会いました。

今回紹介する同人誌

『屋上を水耕栽培でハックする』PDF 20P カラー

著者:片岡勧


同人誌 図書館 司書 青々と茂る立派な菜園が屋上に

屋上でメロンを収穫。水耕栽培へのチャレンジ

 作者さんは2015年からベランダで水耕栽培を始め、やがてその舞台を屋上へと広げていきます。そして今シーズン9月8日時点での収穫は、メロン1株から13個、バジル5株の苗から葉が7277枚とのこと! 人がひしめく東京のビルでそんな豊穣な世界が生まれていたと知り、屋上がおいしいものの楽園になる可能性が見えてきました。

 こちらのご本では東京の屋上に着目する理由や、土ではなく都会で扱いやすい水耕栽培のメリット、また特に温度管理の難しさと猛暑対策の工夫にポイントを置いて紹介されています。屋上に進出した初年度は思ったように育成が進まず、さらに台風でトドメを刺されてゴーヤーが天に召されてしまった経験や、急激な水温上昇に慌ててしまいコンビニで買った氷を一袋投入するも、文字通り“焼け石に水”となり、さっぱり役に立たなかったこと……やってよかったこと、ダメだったことのエピソードの連続が、水耕栽培の教本ではなく、体験談としてつづられていることで身近に感じられます。

同人誌 図書館 司書 暑さとの戦いの記録

晴天の屋上の戦闘力はギニューレベル!? 分かりやすさが光る

 電子書籍のこちらのご本をスクロールしていて気付いたのは、その“とっつきやすさ”です。

 イベントに合わせてWordで作られたという画面レイアウトは、1ページのうち画像や図版がどーんと半分を占め、文字はかなりあっさりとした構成が多く見られます。そしてグラフや数値もしっかり使用されているのですが、植物の成育に適した日射量とは? の説明では、明るさの数値であるルクスを戦闘力に置き換え「部屋の中/戦闘力400/初期のピッコロ」「屋上(晴天)/戦闘力11万/ギニュー」と『ドラゴンボール』のキャラで説明するキャッチーさが光ります。

 図や画像を多用したページ作りでするすると入ってくる読みやすさと、文章部分でもちょっと楽しい気持ちにさせるその面白さが、気楽に次のページへ、次のページへと導いてくれているようです。これはもしかして、作者さんがご活動で動画もたくさん制作され、またブログなどでも熱心に執筆していらっしゃる故に、“分かりやすい”“とっつきやすい”を上手ににじませて紙面を作られているのでは? と思わずご本の制作スタイルを推察してしまいました。

同人誌 図書館 司書 屋上は日当たり抜群ですね

夏休みの思い出を聞いているみたい。来年はきっとメロンが身近になる

 書かれている内容は技術についてなのですが、暑さに驚き、台風に悩まされる育成の日々は、そのまま夏の思い出感がいっぱいです。さまざまな装置と工夫で運用される水耕装置は夏の自由研究っぽくもありますが、それにしてはちょっと大掛かりかもしれません。

 しかし、人の手で試しつつ進む姿がなんとも身近な雰囲気を醸し出して、例えるならやや離れたポジションの親戚の子の偉業を聞いているような気分になってきました。少し涼しくなった居間で「○○さんとこの、まーくん(仮)、東京でメロン作ったんだって。屋上で」「へぇー!」という会話を聞いているような……と勝手に想像するくらい親しみを覚え、しかも今年の成果が大成功という内容にちょっと誇らしい気持ちも湧いてきます。

 都会のビルの屋上ですくすくと緑の作物が育つのはちょっとしたイメージのギャップがあって、どこかロマンをかき立てられる気もしています。身近に感じられる奮戦をきっかけに、次の夏はどこかの空の下でおいしいメロンが新しくたくさんの実をつけるのかもしれません。

同人誌 図書館 司書 立派なメロンがたくさん!

サークル情報

サークル名:ベランダゴーヤ研究所

Twitter:@peterminced

現在入手できる場所:技術書展9に参加中(9月22日まで)



今週の余談

 季節のおいしいものが身近にあるって良いですね。今日はなにか地物でごはんにしようと思います。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」