ニュース
» 2020年09月23日 14時00分 公開

列車、クルマ、盆栽まで!? プロみたいな写真を手軽に撮影できる「映える撮影用背景紙」が話題に、雑誌「RM MODELS」11月号の特別付録

フォトテクニックの「流し撮り」っぽい写真を手軽に!

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 列車にクルマに盆栽まで!? どんなものでも躍動感たっぷりに撮影できちゃう「映える撮影用背景紙」が、Twitterで大きな注目を集めています。こいつぁすげぇや!

映える撮影用背景紙 RM MODELS 11月号(9月19日発売)特別付録の「映える撮影用背景紙」

 「映える撮影用背景紙」は、景色が流れていく様子を背景にすることで、写真テクニックの1つである「流し撮り」を誰でも簡単に楽しめるという背景用紙です。

 これは鉄道模型雑誌「RM MODELS 11月号」の特集「映える情景の作り方〔応用編〕」にあわせた用意された特別付録。同誌の公式Twitterアカウントで鉄道模型を使った活用例を紹介したところ、鉄道ファンや模型ファンたちから注目を集めました。

映える撮影用背景紙 難易度の高い模型の流し撮りも手軽に
映える撮影用背景紙 鉄道模型でなくても活用の予感

 背景用紙の線路幅はNゲージに対応しているほか、下部には16番ゲージ(HOゲージ)タイプのものも印刷されているため、切り取って使えるようになっているそうです。

  鉄道模型だけでなく、クルマやバイクなど、さまざまな乗り物のミニチュアを使って、躍動感たっぷりな写真を撮って楽しめるユニークな付録。作例の中にはなぜか「線路を疾走する盆栽」の写真もあり、こういったシュールな写真が好きな人にもおすすめですね。

 Twitterの投稿でも、この躍動感ある盆栽に対して「盆栽で吹いた」「超高速で移動する盆栽」など、鉄道模型の趣味がない人も興味を持った様子がうかがえました。

映える撮影用背景紙 絶対に走らないモノにも躍動感を

 映える撮影用背景紙がついた「RM MODELS 11月号」の価格は1100円(税別)。出版はネコ・パブリッシング。発行日は2020年9月19日です。

大泉勝彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン