ニュース
» 2020年09月24日 18時00分 公開

ディズニーリゾートあるあるが大集合! ハッシュタグ「ジブリで学ぶTDR」にオタクの悲哀が詰まっている (1/2)

ジブリキャラがみんなパークオタに見えてくるぞ……。

[ねとらぼ]

 スタジオジブリ作品の場面写真400枚が「常識の範囲でご自由に」利用できるよう提供されたことを契機に、ハッシュタグ「#ジブリで学ぶTDR」が盛り上がっています。ディープなディズニーリゾートファンのみなさんが、ジブリの美しい場面写真をパークでよく見る光景になぞらえているようです。


ジブリで学ぶTDR みんな大好きTDR(これはTDRではありません)

 例えば『千と千尋の神隠し』の冒頭、神々が船から降りてくる場面に、「早朝の舞浜駅の改札から出てくる明らかに家族連れやデートではなさそうな人たち」というキャプションをつけた投稿が人気を集めています。誰のためでもなく、パークだけを目的にパークにやってくる人たちのある種の「厳かさ」が目に浮かぶようです……。

 千尋が湯屋の女たちに混じって所在なげにしているシーンを、意図せず陣取った場所が人気ダンサーのよく見える位置だったときのアウェイ感になぞらえる投稿もありました。これは気まずそう……。

 また『コクリコ坂から』で、海が俊に手を差し伸べるシーンは、人気のショー「ビッグバンドビート」で行われるシンガーが最前列の客と握手する場面に見立てられています。周囲を囲む生徒たちも他のお客さんのように見えてくるから不思議です。

 『風立ちぬ』の二郎たちが大荷物を持って移動するシーンは、「Dハロの朝」というキャプションで、あたかもハロウィン用のコスチュームを抱えて舞浜へ急ぐ様子のように見えてきます。

 ディズニーランド内での仮装はハロウィンイベント中だけのお楽しみですから、みんな気合が入っているようです。

 『借りぐらしのアリエッティ』のアリエッティと父が人間の家に入る前の身支度のシーンは、「黄色い紐引っ張って見せてください」というアトラクションのシートベルト確認に見立てられました。ちょうどアリエッティが針を差しているベルトが黄色なので、シートベルトっぽく見えますね。

 『ゲド戦記』のアレンが剣を抜くシーンは、アトラクション「シンデレラ城ミステリーツアー」で勇者に選ばれた人に見立てられています。「シンデレラ城のミステリーツアー」は現在は行われていませんが、最後にゲストから1人の「勇者」が選ばれ、「光の剣」で魔王を倒す展開が用意されていました。

 懸命に生きるジブリ映画のキャラクターたちの姿は、全力でパークを楽しむファンの姿にも重なるのかもしれません。2020年に愛知で開業予定のジブリパークも楽しみですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.