ニュース
» 2020年09月29日 19時23分 公開

「鳥取砂丘でポケふたを投げたいです!」 釈由美子、“マンホール女優”としての応援コメントがちょっと何言ってるか分からない

こうなったら全国各地でマンホールをPRしてほしい。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 鳥取県は、ポケモンのサンドとアローラサンドを描いたマンホール蓋「ポケふた」を新たに県内5カ所に設置することを発表。その新たなPR写真を撮影した女優の釈由美子さんが「今回も『マンホール女優』として呼んでくださり、ありがとうございます」と応援コメントを寄せています。

釈由美子 マンホール女優 ポケふた 鳥取 ポケモン 自他認める“マンホール女優”

 釈さんが“マンホール女優”と呼ばれるようになったきっかけは、2019年5月放送の「仮面ライダージオウ」に出演した際、攻撃や防御にマンホールのふたを多用したことによるもの(関連記事)。その関連で「ポケふた」のPRの仕事を受けることになり、3月にも「ポケふた」を手にした写真が発表されていました(関連記事)。なお、なぜ釈さんがマンホールのふたを武器にしたのかは、いまだ謎に包まれています。

 今回の設置により、すでに設置済のものと合わせ県内全19市町村・19カ所となる「ポケふた」。「とっとりふるさと大使」に任命されているポケモン、サンドとアローラサンドなどのポケモン達が描かれています。

釈由美子 マンホール女優 ポケふた 鳥取 ポケモン サンド アローラサンド サンド、アローラサンドとの3ショット

 新たに、横浜のスタジオでPR写真を撮影した釈さんは、「新型コロナが終息して、またみんなで集まれるようになったら、ぜひ鳥取県に遊びに行きたいです!」とコメント。「その時はまたマンホール女優として呼んでいただけるようにしっかり準備しておきます」といまだかつて聞いたことがない応援コメントを寄せています。どんな準備だ。

 また、「マンホール女優」と題した自身のブログでも、「お忘れの方もいるかと思いますがマンホール女優 釈由美子です」と肩書きに前のめりな自己紹介を披露。マンホール女優としての意思は高いようで、「鳥取砂丘でポケふたを投げたいです!」と抱負をつづっています。この抱負は釈さんしか言えない。

釈由美子 マンホール女優 ポケふた 鳥取 ポケモン サンド アローラサンド マンホール投げポーズを決める釈さん

 “マンホール女優”の肩書きをほぼ確立したと言っても過言ではない釈さんに対しネットでは、「釈由美子が完全にマンホール女優になってる」「マンホールで仕事増える釈由美子さん素敵です」「フィギュアーツ釈由美子マンホール付きを出すんだ」などの反応が。また、「仮面ライダージオウ」の出演を振り返り、「あの真っ赤なドレスを着てマンホールを手にした釈ちゃんはこの世のものとは思えぬほどにわけがわからず美しかった」「釈由美子ほど美人さんだとマンホール持って立っててもなんだか凛々しくキマってる」と、釈さんだからこそサマになっていたという声も見られました。

釈由美子 マンホール女優 ポケふた 鳥取 ポケモン サンド アローラサンド 新たに設置される「ポケふた」5種。「ポケふた」は順次「Pokémon GO」のポケストップになる予定

(C)2020 Pokémon. (C)1995-2020 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.

五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン