富山駅・源「ますのすし・うま煮セット」(2950円)〜大切な人の贈り物にも駅弁! 源の通信販売

» 2020年09月30日 19時30分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年5月28日)

駅弁 ハ85系気動車・特急「ひだ」、高山本線・西富山〜婦中鵜坂間

名古屋〜高山・富山間を結ぶ、高山本線の特急「ひだ」号。

平成元(1989)年、“メタモルフォーゼ高山ライン”のキャッチフレーズと共に登場したキハ85系気動車は、翌年、急行「のりくら」などを置き換える形で、富山にも進出しました。

以来30年、富山平野にもなじんだ鉄道風景ですが、後継のHC85系も開発されており、高山本線も、再び“メタモルフォーゼ”のときを迎えつつあります。

駅弁 源オンラインショップ・ウェブサイト

「新しい生活様式」と共に、私たちの暮らしもいま、大きな「変化」のときを迎えています。

実践例の1つにも挙げられているのが、「通信販売」の利用。

都道府県(生活圏)を跨いだ移動が自粛され、鉄道の利用者が少なくなっているなかで、駅弁屋さんも通信販売で応援したいものです。

富山駅弁「」のウェブサイトにも、「オンラインショップ」があります。

駅弁 ますのすし・うま煮セット

今回は、源のオンラインショップから、「ギフト商品」のカテゴリに注目。

源のオンラインショップのすごいところは、本格的な贈答品にも対応していること。

常に人気商品の上位にランクインしている「ますのすし・うま煮セット」(2950円)を注文しますと、源オリジナルの包み紙に梱包されて届きました。

これなら、ちょっとした手土産にはもちろん、いろいろなギフトにも使えますね!

駅弁 ますのすし・うま煮セット

包み紙を開けると、紙の化粧箱におなじみの「ますのすし(一重)」1つと、源自慢の「ますかまうま煮」と「ます昆布煮」が現れました。

押寿しという保存に適した駅弁の特性もありますが、いつもの駅弁が「ギフト」になっても、全く違和感がないパッケージのデザイン性の素晴らしさも改めて実感。

これなら大切な人への贈り物に、「駅弁」をチョイスしてみたくなりますね!

駅弁 ますのすし・うま煮セット

「ますのすし(一重)」の消費期限は、到着から1日ほどですが、「ますかまうま煮」「ます昆布巻」の賞味期限は、到着から概ね2ヵ月あるのが嬉しいところ。

なお、昆布巻の「ひも」は、食べられませんので、ご注意ください。

また現在、航空便減便のため、北海道・九州・沖縄への発送を中止している他、うま煮は全種類、製造日を限定しているため、希望日にお届けできない可能性があります。

駅弁 ますのすし・うま煮セット

まずは、定番の駅弁「ますのすし」を味わって、そのあとは、源のルーツとなった料亭・天人楼の味を現代へ伝える「うま煮・昆布巻」をじっくりと…。

「ますのすし(一重)」の他、「特選ますのすし」「ぶりのすし」とのセットもあります。

うま煮は、もらったお宅でご飯のお供としてはもちろん、流行りの“家呑み”、“オンライン呑み会”でも重宝しそうですね。

駅弁 E7系新幹線電車「かがやき」、北陸新幹線・新高岡〜富山間

大切な人と会いたいけれど、会うことができない2020年。

だからこそ、「贈り物」が重宝されるときでもあると感じます。

今年は新幹線に飛び乗りたい気持ちをグッと抑え、駅弁を通信販売で「ギフト」として、大切なあの人へ贈ってみてはいかがでしょうか。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/16/news016.jpg 結婚式で乾杯音頭をとる3歳息子、口癖になるほど練習して…… 大好きなおじのために頑張る姿が580万再生「天才!」「可愛い過ぎて涙出ました」
  2. /nl/articles/2404/15/news025.jpg 悪さばかりする猫に小型カメラを装着→映像を確認してみたら…… 衝撃の光景に「ヤバい最高」「こういうの見たかった」
  3. /nl/articles/2404/16/news014.jpg 築54年団地の狭いキッチン、洗った食器はどこに置く? プチプラ&すっきり片付くアイデアに「私の理想!」「そのセンスが欲しい」
  4. /nl/articles/2404/16/news015.jpg 8歳娘が描いた“志村けん”に「うますぎてびっっっっくり」「間違いなく天才」と絶賛の嵐 才能あふれるペンさばきが128万再生
  5. /nl/articles/2404/16/news006.jpg 元野良猫たちの家の庭に野良猫が現れた→ガラスを隔てた熱い攻防戦が…… それぞれの反応と予想外のオチに爆笑
  6. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/15/news156.jpg 豊田章男会長、マクドナルド「ハッピーセット」のおもちゃに大喜び→「天下のトヨタ会長がハッピーセットって」「ほんとお茶目で好き」と話題
  8. /nl/articles/2404/16/news033.jpg 小麦粉を変えてクッキーを作ってみたら…… 5種類の焼き比べが100万表示「こんなに変わるのねぇ〜〜〜」「みんな違ってみんな良い!」
  9. /nl/articles/2404/15/news132.jpg 「仮面ライダーゼロワン」出演俳優、脳梗塞の後遺症続き活動休止 「右半身の麻痺が回復せずこの度の決断に」
  10. /nl/articles/2404/03/news161.jpg 橋爪淳、大河ドラマ出演終了で「大腸に5センチ程のガン」公表 “病院嫌い”だったと明かし「命を繋いで頂きました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」