ニュース
» 2020年10月15日 11時30分 公開

【料理で事故った体験談】安物の包丁を買ったら根本から折れて「刃は宙を舞ったのち足元数センチの所にドスっ」 (1/2)

そして、手元には先のないグリップ。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、料理中に起こった危険な出来事をインタビューする企画「お料理で事故った話、教えてください」。今回は「包丁が折れて床に刺さった」という体験談を伺いました。シンプルに怖い……。

連載:お料理で事故った話、教えてください

 料理は毎日食べるもの。だけど、するのは意外と危ないもの。日々の暮らしの中で見落しがちな「家事にはどんな危険があるのか」「注意すべきポイント」の再確認のために、いろいろな人から体験談を募集していろいろ聞いてみよう、という企画です。

「手元にはグリップ部分だけ残り、刃は宙を舞った……」



 ちょっと硬めのものを切っていたら包丁が折れてケガしそうになったことがあります。

―― “ちょっと硬めのもの”というのは具体的には? ……カボチャとか?

 生のにんじんです。

―― 本当に“ちょっと硬め”程度ですね。

 普通にトントントンと輪切りにしていたら突然「べキッ」という音を立てて、樹脂のグリップ部分から刃が取れて。まな板に強めに当たった反動なのか、上方向に刃の部分だけすっ飛んでいったような状況です。手元にはグリップ部分だけ残り、刃は宙を舞ったのち足元数センチの所にドスっと刺さりました。

 ペティナイフとセットで1000円もしない安物の包丁だったので起こるべくして起こった事故かもしれません。使い勝手については特に不満のない品物でしたが、すぐにグリップ一体型のそこそこのお値段の包丁を買い直しましたね。

※編集部注:今回の体験談のように、包丁が「グリップ部分から刃が取れ」るような折れ方をする原因としては、中子(なかご/柄の部分に入った刀身のこと)のサビが考えられるかも。ちなみに、対策としては「包丁を拭くとき、露出した刃部分だけでなく柄の部分もちゃんと拭いて、ぬれたままにしない」などが挙げられるようです。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.