ニュース
» 2020年10月03日 19時30分 公開

直江津駅「鱈めし」(1200円)〜駅弁屋さんの厨房ですよ!(vo.22「ホテルハイマート」編-1)

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年3月2日)

駅弁 E7系新幹線電車「はくたか」、北陸新幹線・上越妙高〜飯山間)

北陸新幹線・長野〜金沢間が開通して、令和2(2020)年3月14日で5周年。

E7系・W7系新幹線電車による「かがやき」号は、東京〜金沢間を最速2時間28分で結ぶ一方、新たに設けられた途中の飯山、上越妙高、糸魚川、黒部宇奈月温泉などの各駅へは在来線特急の愛称からコンバートされた「はくたか」号が停車していきます。

豪雪地帯を走ることもあり、さまざまな設備が施された「雪に強い新幹線」でもあります。

駅弁 上越妙高駅「駅弁 山崎屋」

北陸新幹線・上越妙高駅も、この春で開業5周年。

構内には、直江津を拠点とする「ホテルハイマート」の売店、「駅弁 山崎屋」があります。

「伊東」「小淵沢」「水戸」「出水」「長岡」「米沢」「松阪」「横浜」「姫路」「修善寺」「富山」「仙台」「一ノ関」「米沢」「山形」「郡山」「大館」「新津」「新潟」「新潟」「新津」と巡ってきた「駅弁屋さんの厨房ですよ!」、第22弾は「株式会社ホテルハイマート」にお邪魔しました。

駅弁 鱈めし

「駅弁大将軍」を2回獲得! ホテルハイマートの駅弁!!

「ホテルハイマート」は、昨年(2019年)秋、東日本エリアを中心に行われた駅弁の人気投票「駅弁味の陣2019」で、出品した「さけめし」が見事、トップの「駅弁大将軍」に輝きました。

じつは第1回“味の陣”で大将軍に選ばれたのも、ホテルハイマートの「鱈めし」(1200円)。

今回は、直江津駅前のホテルハイマートで、この「鱈めし」と「さけめし」の製造過程に密着。

まずは、“初代”駅弁大将軍の「鱈めし」に注目していきます。

駅弁
駅弁 製造時の様子

ホテルの厨房の一角で生産が行われている「ホテルハイマート」の駅弁。

駅弁大将軍を獲得した駅弁「鱈めし」「さけめし」に共通しているのは、「汐昆布の炊き込みご飯」と小箱の容器です。

妙高山麓で生産されたブランド米・矢代米(矢代産コシヒカリ)に汐昆布を炊き込んだご飯は、温かいうちに盛り出され、粗熱が取れると、1つ1つ手作業で詰められていきます。

仕込みから約1週間! 手間をかけて作る「鱈めし」!

ご飯の上に錦糸玉子を敷き詰め、メインの「鱈の甘露煮」を載せていきます。

じつはこの甘露煮、駅弁では珍しいくらい、とても手間をかけて作られています。

まずは棒鱈を2日間水に浸し、水が汚れてくると、その都度変えていきます。

仕込みを終えた鱈を、しょうゆ・みりん・酒をベースとしたホテルハイマートの秘伝のたれで、6時間にわたって、大きな鍋でコトコトと煮込んでいきます。

駅弁 秘伝のたれ
駅弁 出来上がった鱈の甘露煮

このときに使われるのが、佐渡産の竹で編んだという「竹籠」。

板前さんが鍋の近くに付いて適宜、ユサユサと籠を揺らしながら、煮くずれを起こさないよう十分に注意して、じっくりと煮るのだそう。

ちなみに、鍋には昆布と梅干が隠し味で入っているのだとか。

開発した先代の板長さんの技が、骨までやわらかい鱈の甘露煮を生み出しているのです。

炙りたらこが添えられ、「親子」の味が楽しめる鱈めし!

隣の“島”では、たらこが1つ1つ手作業で炙られていました。

もちろん、ココにも板前さんが付きっきりです。

焦げ目が付き過ぎず、なかの赤身が少し残った、思わずうっとりするような焼き上がり。

炙られたたらこは、食べやすく切られて、1枚ずつ甘露煮の隣に並んでいきます。

甘露煮の甘さと、炙りたらこの塩辛さが、絶妙な味のバランスを生み出します。

駅弁 炙りたらこ
駅弁 盛り付け

さらに、鱈の親子漬けや野沢菜のわさび漬けが、小箱のすき間を埋めていきます。

梅干し、奈良漬け、はじかみが載せられて、ようやく盛り付け終了。

盛り付けだけであれば、1分とかからない駅弁も多いなか、ホテルハイマートの「鱈めし」は、約10〜15分かけて、すべて手作業でゆっくりと作られていきます。

この「丁寧な」駅弁作りが、「駅弁大将軍」の原動力となっているのかもしれません。

駅弁
駅弁 紐をとじて完成

盛り付けが終わると、セロファンのシートが敷かれ、ふたが閉じられました。

割り箸を挟み込んで、スリーブ式の包装をスッとはめ込んで一丁あがり…ではなく!!

もうひと手間、赤い紐を十字にかけて、しっかり紐綴じが行われます。

やっぱり、この紐がけが「駅弁」の真骨頂!

いただく人の心をくすぐるポイントが満載の「鱈めし」、ついに完成です!!

駅弁 鱈めし

【おしながき】

  • 汐昆布の炊き込みご飯
  • 鱈の甘露煮
  • 炙りたらこ
  • 鱈の親子漬け
  • 錦糸玉子
  • 野沢菜わさび漬け
  • 奈良漬け
  • 梅干し
  • はじかみ
駅弁 鱈めし

コトコト煮込まれ、たれの味が沁みわたっていることが実感できる、鱈の甘露煮のテカり。

表面はカリッと、なかはウェットな食感が心地いい炙りたらこ。

酒好きをはじめ、1度いただくとまたいただきたくなる味が、小箱にギュッと詰まっています。

全国の駅弁でも珍しい「鱈」を食材として使った駅弁は、全国随一の手間をかけて作られている駅弁でもあるのです。

駅弁 ホテルハイマート・下井さんによる駅弁の立ち売り、えちごトキめき鉄道・直江津駅

平成14(2002)年から販売されている、ホテルハイマートの「鱈めし」。

この鱈めしを手にして、直江津駅のホームに昔ながらの籠を首から下げて立つのは、ホテルハイマートの下井道夫(しもい・みちお)さんです。

「駅弁屋さんの厨房ですよ!」第22弾・ホテルハイマート編、次回は下井さんの立ち売りに密着しながら、「さけめし」の製造の様子もご紹介してまいります。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」