ニュース
» 2020年10月19日 11時30分 公開

【料理で事故った体験談】「包丁の柄が燃えたことがあります」「2〜30センチは火が上がっていました」 (1/2)

あるんだ。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、料理中に起こった危険な出来事をインタビューする企画「お料理で事故った話、教えてください」。今回は「料理人の夫も、後にも先にも聞いたことがない」というレアな体験談を伺いました。

連載:お料理で事故った話、教えてください

 料理は毎日食べるもの。だけど、するのは意外と危ないもの。日々の暮らしの中で見落しがちな「家事にはどんな危険があるのか」「注意すべきポイント」に気付くために、いろいろな人から体験談を募集していろいろ聞いてみよう、という企画です。

包丁の「樹脂製の柄から2〜30センチは火が上がっていました」



 私は包丁の柄が燃えたことがあります。

―― そ、そんなことってあるんですか……?

 当時の私もやらかすとは思っておらず、他に聞いたことがありません。料理人の夫も、後にも先にも聞いたことがないそうです(笑)

 ポンと置いておいたら、他の作業をしているうちに煮込み料理をしていたコンロの近くにいってしまって。気付かないまま放置していたら、樹脂製の柄から2〜30センチは火が上がっていました。急いでふきんで包丁の背を持ち、シンクの水道で消火しました。

 ちなみに、これは6年前の話。柄には燃えた跡がつきましたが使う分に特に問題なく、その包丁は今も現役です(笑)

―― そ、そんなことってあるんですか……?(2回目)


お話に出てきた「柄が燃えた包丁」。確かに普通に使えそう

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.