ニュース
» 2020年10月06日 14時39分 公開

工藤静香、「夕ニャン」石田弘Pとの2ショットを投稿 人類が石橋貴明の例のモノマネを思い出してしまう

「世代的にはとても懐かしい石田さん」などの声。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 歌手の工藤静香さんが10月6日、音楽番組「MUSIC FAIR」(フジテレビ系)出演時のオフショットをInstagramに投稿。「夕やけニャンニャン」のプロデューサーだった石田弘さんとの2ショットを公開しています。

工藤静香 ミュージックフェア MUSIC FAIR 石田弘 工藤さんと「夕ニャン」石田Pの2ショット(画像は工藤静香 公式Instagramから)

 投稿冒頭で「だ〜〜〜いしだ!」と石田さんの愛称“ダーイシ”で呼びかけた工藤さん。「色々故障していますが、お元気そうなお姿が見れて何より嬉しかったです」と現在77歳の石田さんの体を気遣った上で、「34年前くらいに、初めてお会いした印象と変わらず、ダンディーな石田さんでした」と再会の印象をつづっています。

 「MUSIC FAIR」のエグゼクティブプロデューサーである石田さんは過去に、工藤さんも出演していた「夕やけニャンニャン」の他、「オールナイトフジ」「とんねるずのみなさんのおかげです」などを担当。とんねるずの石橋貴明さんが石田さんが泥酔して暴走するモノマネ“ダーイシ男”を持ちネタの1つにしていたこともあります。

工藤静香 ミュージックフェア MUSIC FAIR オフショットでは工藤さんの接写も(画像は工藤静香 公式Instagramから)

 「夕ニャン」時代をほうふつとさせる2ショットに対し工藤さんのファンからは、「石田さん、昔と変わってない」「世代的にはとても懐かしい石田さん」「テレビで拝見しておりました お懐かしいです」「貴重なツーショットですね」など懐かしいという声が多数寄せられています。その他、「石田さん見ると貴さんしか思い浮かばない」「貴さんのモノマネが面白かったのを覚えてます」「だーいしだ! って見た途端にタカさん(石橋貴明さん)が脳裏をよぎりました」と、とんねるず石橋さんのモノマネを思い出す人も多数見られました。



五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン