ニュース
» 2020年10月06日 14時39分 公開

工藤静香、「夕ニャン」石田弘Pとの2ショットを投稿 人類が石橋貴明の例のモノマネを思い出してしまう

「世代的にはとても懐かしい石田さん」などの声。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 歌手の工藤静香さんが10月6日、音楽番組「MUSIC FAIR」(フジテレビ系)出演時のオフショットをInstagramに投稿。「夕やけニャンニャン」のプロデューサーだった石田弘さんとの2ショットを公開しています。

工藤静香 ミュージックフェア MUSIC FAIR 石田弘 工藤さんと「夕ニャン」石田Pの2ショット(画像は工藤静香 公式Instagramから)

 投稿冒頭で「だ〜〜〜いしだ!」と石田さんの愛称“ダーイシ”で呼びかけた工藤さん。「色々故障していますが、お元気そうなお姿が見れて何より嬉しかったです」と現在77歳の石田さんの体を気遣った上で、「34年前くらいに、初めてお会いした印象と変わらず、ダンディーな石田さんでした」と再会の印象をつづっています。

 「MUSIC FAIR」のエグゼクティブプロデューサーである石田さんは過去に、工藤さんも出演していた「夕やけニャンニャン」の他、「オールナイトフジ」「とんねるずのみなさんのおかげです」などを担当。とんねるずの石橋貴明さんが石田さんが泥酔して暴走するモノマネ“ダーイシ男”を持ちネタの1つにしていたこともあります。

工藤静香 ミュージックフェア MUSIC FAIR オフショットでは工藤さんの接写も(画像は工藤静香 公式Instagramから)

 「夕ニャン」時代をほうふつとさせる2ショットに対し工藤さんのファンからは、「石田さん、昔と変わってない」「世代的にはとても懐かしい石田さん」「テレビで拝見しておりました お懐かしいです」「貴重なツーショットですね」など懐かしいという声が多数寄せられています。その他、「石田さん見ると貴さんしか思い浮かばない」「貴さんのモノマネが面白かったのを覚えてます」「だーいしだ! って見た途端にタカさん(石橋貴明さん)が脳裏をよぎりました」と、とんねるず石橋さんのモノマネを思い出す人も多数見られました。



五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」