ニュース
» 2020年10月06日 15時55分 公開

「おうち時間」で人気のメニューは定番の「カレー」 手作りを始める男性も増加中?

自分で好きなブレンドを作る「スパイスカレー」も話題になっているよね。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 家計簿アプリ「レシーカ」を運営するCCCマーケティングが、全国5万人の利用者データをもとに「コロナ禍における香辛料の購入状況」を調査しました。調査からは、今年の3月〜8月で香辛料の購入者・1人当たりの購入数が増加しており、なかでもカレールーの購入がダントツであることが明らかになっています。


コロナ禍における香辛料の購入状況 家計簿アプリ「レシーカ」のユーザのデータから、「コロナ禍における香辛料の購入状況」を調査

 調査では、2020年3月〜8月と前年の同じ月で、スーパーやコンビニ、ドラッグストアで売っている食料・調味料の購入人数と1人当たりの購入数を比較。購入者数に注目すると、保存がきく乾麺や野菜缶詰にくわえて、「味噌」、「つゆ」、「ソース」などの調味料がランキング上位に入りました。

 注目は、緊急事態宣言中の5月からは「香辛料」の購入者数が著しく伸びていることです。


コロナ禍における香辛料の購入状況 左:購入者数(前年同月比)、右:1人当たりの購入数(前年同月比)

 「香辛料」は、3月には1人あたり購入点数が増加傾向を見せ始め、7月以降も多くの人が香辛料を購入する状態が続いています。

 外出の自粛によって自宅で食事を作る機会も増えたことから、普段使う味噌やソースなど「調味料」から、「香辛料」にも関心が向けられるようになったと考えられます。


コロナ禍における香辛料の購入状況 左:8月の香辛料購入数ランキング(前年同月比)、右:「カレールー」の1000人あたりの購入点数の推移

香辛料の中でも人気は「カレー」

 では、一体どんな「香辛料」が購入されているのでしょうか。

 「香辛料」の各食品の中で、8月の前年同月比のランキングを作成したところ、最も多く買われていたのは「カレールー」でした。レシーカによると、カレールーと、2位の「豆板醤」、3位の「レモン」との間には大きな点差があったとのこと。

 5位には「カレーパウダー」もランクインしており、カレーの人気を感じさせる結果となりました。

 また、カレールーの1000人あたりの購入点数を分析した結果、コロナ感染拡大による自粛の始まった3月以降、購入点数が急激に増加していたことがわかりました。

 この購入点数の高さは、7・8月まで継続。夏の人気メニューとしてなじみ深いカレーが好まれただけでなく、自宅で過ごす時間が長くなることで、カレールーを使った手作りカレーが人気を集めたと考えられます。


コロナ禍における香辛料の購入状況 左:性別・年代別の「カレールー」の購入点数、右:2019年8月から2020年8月にかけての購入点数伸長率

男性にも「手作りカレー」ブーム?

 さらに、今年の8月カレールーの購入点数を性別・年代別に比べた調査も実施。こちらは、1位「女性40代」、2位「女性30代」、3位「女性50代」という結果になりました。

 一方で、昨年8月から今年8月にかけての購入点数の伸び率を見てみると、1位は「男性30代」、次ぐ2位は「男性40代」になりました。自宅で過ごす時間が増えることで、カレー作りにチャレンジする男性が増えているのかもしれませんね。

 「おうち時間」を過ごすことで、食生活にも変化が起きている2020年。この先の晩秋や冬も、シチューや鍋など冬の風物詩と言えるメニューの関連商品が売れるのか、それとも全く新しいトレンド商品が人気となるのか、今から気になるところです。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」