ニュース
» 2020年10月06日 19時45分 公開

“紅葉が落ちた水面”を模した透明テーブルが本物みたい! エモい庭の池を切り取ってきたかのような工作技術がすごすぎる(1/2 ページ)

瑠璃光院の紅葉にインスパイアされた逸品。なんと購入も可能です……!

[遠近透,ねとらぼ]

 “紅葉が落ちた水面”をモチーフとした透明レジン製テーブルがTwitterで大きな反響を呼んでいます。リアルなのに微動だにしない水の波紋は、眺めているだけで脳がバグりそうな出来栄え……!

紅葉テーブル 庭園の庭の一瞬を謎の力でそのまま切り出して運んできたかのような、ふしぎなテーブル
紅葉テーブル まるで本物の水面のようなクオリティーですが、硬い樹脂でできているので触っても一切揺らぎません
紅葉テーブル こんなに風流なテーブルが部屋にあったら気分もQoLも爆上げ必至では?

 作品コンセプトは「紅葉の落ちた庭園の池」。作者のニケルxpさん(@ni28_xp)は、以前京都の瑠璃光院で見たとてもきれいな紅葉に触発され、いつか作品のモチーフにしたいと考え続けていたそうです。

 構想段階では天然の紅葉を用いる予定だったそうですが、天然の紅葉を樹脂に封入すると経年変化で退色してしまうため、完成品では末永く色彩を保てる人工紅葉(造花)が採用されています。紅葉の立体的かつ絶妙な配置によって、風や水流による動きと水の奥行きが巧みに表現されているので、造花であることを補って余りある生々しさや躍動感が感じられますね!

紅葉テーブル
紅葉テーブル

 美しさのみならず、実用性にも配慮しているのもこのテーブルの特長です。テーブル表面は硬度90Dの硬質レジンによるコーティング処理で、食器を置いても傷が付きづらいガラスのような質感に。さらに天板の耐熱温度は80℃なので、熱い湯のみなどを置いても問題ないそうです。

 作者のニケルxpさんは、レジンを駆使する作風で活躍している“透明樹脂作家”です。過去、学生時代には「蝉の抜け殻を積層レジンで覆った模造琥珀」や、「小魚の脳4個を並列接続した記憶媒体」というSF的な作品などでもSNSを賑わせました。

 今回のテーブルはハンドメイド通販サイトCreemaで販売されており、テーブル脚の色は和風建築をイメージした焦茶色か、清涼感あるホワイトから選ぶことができます。価格は9万8500円で、10月6日現在は期間・数量限定で送料無料となっています。

 ニケルxpさんは、Creemaのクラウドファンディング事業「CremaSprings」の発案メンバーの1人でもあり、今回の作品は「レジンでテーブルを作る」という企画の一環で、夏向けの「海のテーブル」に続く第2弾という位置付けです。

紅葉テーブル 「海のテーブル」

 Creemaではほかにも、ニケルxpさんの著書『図解!れじん工作 Ver.3.25』も販売中。レジン液の選び方や製作のノウハウ、さらにハンドメイドにおける意匠権の活用や出願方法、そして販売利益の確定申告といった納税関連情報まで解説されており、価格は2900円です。

紅葉テーブル 作品の数々を解説した『図解!れじん工作 Ver.3.25』
紅葉テーブル ホワイトのテーブル脚だと印象が涼やかに

画像提供:ニケルxpさん(@ni28_xp

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10