ニュース
» 2020年10月07日 12時00分 公開

東北新幹線、最高速度を「時速320キロ」に引き上げ 所要時間5分短縮(1/2 ページ)

完了すると新青森〜宇都宮間の約604.2キロが時速320キロ区間になります。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 JR東日本は10月6日、東北新幹線の最高速度を引き上げると発表。2020年10月から約7年かけて工事を行います。

JR東日本 東北新幹線 速度引き上げ 東北新幹線の最高速度を時速320キロに引き上げて所要時間を短縮する(写真:杉山淳一)

 この計画は、東北新幹線の盛岡〜新青森間(約178.4キロ)で最高速度を現行の時速260キロから時速320キロに引き上げて、所要時間を短縮するもの。最大5分の所要時間短縮を見込みます。

 既に時速320キロ化されている盛岡〜宇都宮間の425.8キロと合わせて、新青森〜宇都宮間の約604.2キロが時速320キロの区間になります。

 2020年10月から騒音対策など設備整備の工事に着手。工期は約7年、速度引き上げの開始時期は2020年10月現在、未定。決まり次第告知するとしています。

JR東日本 最高速度を引き上げる区間
JR東日本 騒音対策のために設備工事を実施
JR東日本 乗客から見えないところでも騒音対策
JR東日本 トンネル突入時の発生音を抑制する工事も

 併せて、上野〜大宮間も2021年春に最高速度時速130キロに引き上げます。こちらは2018年5月に開始した設備工事が完了し、速度を現行の時速110キロから時速130キロに変更。これにより所要時間が約1分短縮されます。

(カナブンさん)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.