ニュース
» 2020年10月07日 20時30分 公開

手越祐也、大先輩・哀川翔を相手にタメ口ドッキリを敢行 アニキの器のでかさがまた証明されてしまう

翔ちゃんって呼んでみよう企画。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 タレントの手越祐也さんが10月6日、CM撮影で初共演した大先輩の哀川翔さんに、タメ口で話し掛けるドッキリ動画をYouTubeで公開。自分が生まれる前にはもうデビューしていた大先輩、さらにドッキリ企画を見透かしたように「礼儀が一番」とカメラの前で語る哀川さんを相手に、いつになくビビり散らす貴重な姿が配信されています。

手越祐也 哀川翔 ドッキリ YouTube 虫 カブトムシ CM 共演 初 タメ口 アニキ ジャニーズ ジョブカラ この後どつかれました(画像はYouTubeから)

 コミュニケーション力高めのチャラいキャラクターでおなじみの手越さんですが「こう見えて礼儀正しいんだから」と自称するだけあり、今回ばかりは緊張した面持ち。まずは相手のフィールドで勝負すべく哀川さんの好きなカブトムシの話題を振り、上々なスタートを切ります。

 ところが虫嫌いとあって「何でカブトムシにそんなに魅力を感じるんですか?」「好きな人の前で言いにくいんですけど、気持ち悪くないですか?」とぶっ飛んだ質問を連発し、さらには「カブトムシとクワガタとゴキブリの違いがよく分からない」と本音を暴露。笑顔で違いを教えてくれるアニキの器のサイズがヘラクレスオオカブト級と早々に証明されてしまいました。

手越祐也 哀川翔 ドッキリ YouTube 虫 カブトムシ CM 共演 初 タメ口 アニキ ジャニーズ ジョブカラ アニキいわく「行き先が分かる動き方をするのがカブトムシやクワガタ、ゴキブリはどう動くか分からない」(画像はYouTubeから)
翔のアニキを前にたじたじの手越さん

 ヒヤヒヤものの虫トークを終え、撮影を挟んで話題はゴルフへ移行。虫とは違い共通の趣味という利点を生かし、自然な会話の中で「翔ちゃん的にはどんなクラブが?」とさらりとタメ呼びを成功させて課題を達成しました。しかし哀川さんはこれを聞き逃さず「おい、翔ちゃんって何だよ」とすかさずツッコミ。それでも「手越のキャラだよね」「だんだん人の懐に入り込んでくる」と許しつつ、でもネタバレ後には「うるさい方ではないけどギリギリの線」とくぎを刺すことも忘れずに最後は一緒に「テイッ」でしめました。

手越祐也 哀川翔 ドッキリ YouTube 虫 カブトムシ CM 共演 初 タメ口 アニキ ジャニーズ ジョブカラ ギリギリだから、本当に(画像はYouTubeから)

 コメント欄にはカメラ越しに伝わる緊張感から「観ててヒヤヒヤしました」「これは仕掛ける方もストレス」「ソワソワしてる手越くんめちゃめちゃ可愛い」といった感想が寄せられています。また、「流石哀川翔さん。寛大」「哀川翔さん強面だけど優しそう」と哀川さんが見せた器の大きさに目を見張る声や「流さずきちんと注意するところが『大人の対応』で素敵」と、不穏になりがちなタメ口をあえて話題にすることで笑いに昇華させた哀川さんの腕を称賛するコメントも見られました。

 また初共演を喜び「いい意味で少年の心を忘れてなくてキラキラしてる」と2人の共通点を見いだすファンも。虫嫌いの手越さんをゲストに招いたカブトムシ企画が見たいとのリクエストも数多く寄せられています。

関連キーワード

YouTube | CM | 礼儀 | ジャニーズ | 先輩 | ゴルフ | 趣味


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10