ニュース
» 2020年10月10日 21時00分 公開

コロナ禍の中で開催の“ドイツのコミケ”に2万8000人が参加 どのように開催されたのか現地で見てきた (1/2)

開催できた理由を現地で調べてきました。

[Kataho,ねとらぼ]

 ドイツ西部のデュッセルドルフで9月26〜27日、アニメ・マンガファンイベント「DoKomi(ドコミ)」が開催され、約2万8000人(2日間のべ)が会場を訪れました。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大を受けて、日本の同人誌即売会「コミケ」をはじめとしてファンが集まる多くの大型イベントがリアルでの開催を見送っています。

ドコミ 入場口 一般入場口の様子。密にならないようにスペースが広く取られています

 ドコミはドイツのデュッセルドルフで毎年開催されるドイツ最大級のアニメ・マンガファンイベント(名前の由来は「ドイツのコミケ」)。個人クリエイターや企業のブースだけでなく、ワークショップやステージパフォーマンスが楽しめる欧米で一般的な「アニメコンベンション」形式のイベント。欧州の周辺諸国からもファンが集まる注目度の高い大型イベントです。(参考記事:これが“ドイツのコミケ”だ 特大ファンイベント「ドコミ」に行ってきました!

 ドコミはなぜリアルイベントを開催できたのでしょうか? 現地の状況をレポートし、その理由を探ってみます。

会場の様子は?

 会場に入るためには、まず入場待機列に並ぶ必要があります。ここでは、消毒液による手指の消毒、体温チェックを行っていました。会場は、見本市施設の大ホールと会議センターを組み合わせて使用しています。

手を消毒してから列に並びます

 通路は非常に広くとられており、ブース同士の間隔もしっかり確保し、密を避ける配置になっていました。混雑が予想される一部の通路は一方通行になっており、また消毒液が頻繁に設置されているのも目に付きました。

ドコミ 商業エリアの様子
ドコミ 個人ブースのエリア。通路もブース同士もしっかりと間隔が取られています
ドコミ DigiKomi 同時開催されたオンライン版「DigiKomi」の配信ステージ

ドコミの感染予防コンセプトとは?

 ドコミは開催に先立ち、感染予防コンセプトを発表しました。1日あたりの来場者数を1万4000人に制限し、会場の広さを10万8000平方メートルに拡張しました。これは2019年実績と比べるとおよそ参加者を半分に減らして広さを倍増させたことになります。

ドコミ ステージも座席間隔をしっかり取っていました
ドコミ 飲食コーナー。マスクを外す必要があるため、特に間隔を開けていました

 来場者に向けては、基本的なルールとしてソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、消毒液の噴霧を定める一方で、警備員とボランティアスタッフに従うことを追加するなど、詳細なルールについては現地で従ってもらうような体制が取られていました。

ドコミ マジカルミライ 初音ミクのコンサート映像「マジカルミライ」の公式上映会も静かに鑑賞します
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.