ニュース
» 2020年10月12日 21時30分 公開

決定的瞬間を激写! “世界一おもしろいペット写真”を決めるコンテストの最終選考作品を一挙公開 (1/3)

そんなことってある?

[神奈川はな,ねとらぼ]

 思わずクスっと笑ってしまうような面白ペット写真を集めた「Comedy Pet Photography Awards 2020」のファイナリスト40作品が発表されました。

Comedy Pet Photography Awards 「There goes dinner(晩御飯が通る)」

 Comedy Pet Photography Awardsは、飼い主のいない動物たちの認知度を高め、活動資金を募るためのコンテスト。在宅時間が増えた今回は、81カ国から2000点以上のユニークな作品が寄せられました。

 イギリスで撮影されたのは、キッチンの窓際に集まった5匹の猫ちゃんの姿。外を歩く“晩御飯”を虎視眈々と狙っています。目にとまるのは彼らの肩回り。たくましい筋肉は、狙った獲物を確実に仕留めてくれそうです。

 チェコの牧場では3頭の馬がおしゃべり中。撮影者には、その姿が女子校生のように見えたそうです。話しているのは今日のランチのこと? それとも牧場内の恋愛事情でしょうか。

Comedy Pet Photography Awards 「Gossip Girls(ゴシップガールズ)」

 スコットランドのバジルは活発な猫ちゃん。毎日、大好きな庭を探検しています。この庭はロックダウン中に何度もお世話になった場所。今は追いかけっこするのが日課です。

Comedy Pet Photography Awards 「"Why are you upside down Mum?"(ママ、どうして逆さまなの?)」

 ブラジルの農場で暮らすボーダーコリーのFOFOは陽気で遊び好き。壁の穴に頭を入れて周りの人を観察しています。「Living Trophy(生きたトロフィー)」というタイトルは、かつて人間が動物を殺して頭を壁に付けていた文化を思い出させてくれたから。FOFOの存在は、動物たちに感謝することの大切さを教えてくれます。

Comedy Pet Photography Awards 「Living Trophy(生きたトロフィー)」

 コンテストの創設者は、Comedy Wildlife Photography Awardsなどを手掛けるPaul Joynson-HicksとTom Sullam。コンテストの部門賞と総合優勝者は11月24日に発表されます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」