ニュース
» 2020年10月14日 15時20分 公開

カルトゲーム「クーロンズゲート」新作、いよいよ本格始動か 九龍城に怪しいメッセージがおどる映像が公開(1/2 ページ)

まだ九龍城のアセットを演出して見せている段階ながら、ムード満点でワクワク。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2019年11月に突如制作が発表された、「クーロンズゲート」の続編「クーロンズリゾーム」(関連記事)に、新たな動きがありました。公式Twitterでコンセプトムービーが公開されたのです。



クーロンズリゾーム 前作は1997年発売。「25年ぶり」ということは、新作は2022年ごろ?

クーロンズリゾーム 謎めいた単語がずらり。なかには「イーブルマインド」という、スタッフが同じ「プラネットライカ」のキーワードも(関連記事

クーロンズリゾーム 架空の続編企画「クーロンズ・ゲートif」の舞台、「光明路」を全編リアルタイムレンダリングで描く

クーロンズリゾーム

クーロンズリゾーム 謎を呼ぶメッセージ

クーロンズリゾーム タイトルロゴには「A DAY OF THE FIRE」という副題らしき文も。直訳ならば「炎の日」だが、はたして……?

 公式は開発に先立ち、九龍城のUnityアセット(3Dモデルデータ)を購入。映像ではこれを背景に奇妙なワードを並べたり、「ガタリ」を名乗る人物の怪しげなメッセージを載せたりと、奇妙な世界観を伝えています。こうしてアセットを素のまま組み合わせた段階でもムード満点。前作から携わっているプロデューサーの木村央志氏と、音楽監督の硨島邦明氏のクレジットもまた期待感をあおります。


クーロンズリゾーム

 前作は1997年に発売された初代プレイステーション用ソフトで、20年以上経った今もなおファンの心をつかんでいる、カルト的作品。続編制作の告知以来、約11カ月ぶりの情報に、「ワクワクする」「音楽が硨島!! やっぱりそうでなきゃ」「めちゃめちゃ楽しみ」と、期待する声が多数寄せられています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む