ニュース
» 2020年10月14日 15時20分 公開

カルトゲーム「クーロンズゲート」新作、いよいよ本格始動か 九龍城に怪しいメッセージがおどる映像が公開(1/2 ページ)

まだ九龍城のアセットを演出して見せている段階ながら、ムード満点でワクワク。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2019年11月に突如制作が発表された、「クーロンズゲート」の続編「クーロンズリゾーム」(関連記事)に、新たな動きがありました。公式Twitterでコンセプトムービーが公開されたのです。



クーロンズリゾーム 前作は1997年発売。「25年ぶり」ということは、新作は2022年ごろ?

クーロンズリゾーム 謎めいた単語がずらり。なかには「イーブルマインド」という、スタッフが同じ「プラネットライカ」のキーワードも(関連記事

クーロンズリゾーム 架空の続編企画「クーロンズ・ゲートif」の舞台、「光明路」を全編リアルタイムレンダリングで描く

クーロンズリゾーム

クーロンズリゾーム 謎を呼ぶメッセージ

クーロンズリゾーム タイトルロゴには「A DAY OF THE FIRE」という副題らしき文も。直訳ならば「炎の日」だが、はたして……?

 公式は開発に先立ち、九龍城のUnityアセット(3Dモデルデータ)を購入。映像ではこれを背景に奇妙なワードを並べたり、「ガタリ」を名乗る人物の怪しげなメッセージを載せたりと、奇妙な世界観を伝えています。こうしてアセットを素のまま組み合わせた段階でもムード満点。前作から携わっているプロデューサーの木村央志氏と、音楽監督の硨島邦明氏のクレジットもまた期待感をあおります。


クーロンズリゾーム

 前作は1997年に発売された初代プレイステーション用ソフトで、20年以上経った今もなおファンの心をつかんでいる、カルト的作品。続編制作の告知以来、約11カ月ぶりの情報に、「ワクワクする」「音楽が硨島!! やっぱりそうでなきゃ」「めちゃめちゃ楽しみ」と、期待する声が多数寄せられています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10