ニュース
» 2020年10月16日 17時30分 公開

シェークスピア戯曲全集の初版本、文学作品過去最高額の10億5000万円で落札される

この本がなければマクベスも、黒澤明の蜘蛛巣城もなかったかもしれない。

[城川まちね,ねとらぼ]

 米国ニューヨークで10月14日に開かれたオークションで、英国の作家ウィリアム・シェークスピアの戯曲全集初版本『ファースト・フォリオ』が997万8000ドル(約10億5000万円)で落札されました。主催のオークション会社Christie'sは、これまでオークションで落札された文学作品としては過去最高額だと発表しています。

シェークスピア 過去最高額 オークション ニューヨークで開かれたオークション(画像はChristie'sのInstagramから)

 シェークスピアの死から7年後、友人で俳優のジョン・ヘミングスとヘンリー・コンデルの手で編纂され英ロンドンで出版したとされる同書は、作家の戯曲が初めてまとめられたもの。36の戯曲が収録され、そのうち「マクベス」「十二夜」「ジュリアス・シーザー」「尺には尺を」などを含む18作品はシェークスピアの生前には印刷されておらず、同書がなければこの世から失われていた可能性が高いとしています。

シェークスピア 過去最高額 オークション 予想落札価格の約2倍という結果に(画像はChristie'sのWebサイトから)

 同作の現存するものは235部しか確認されておらず、うち個人所有であることが分かっている完全な形の初版本は6部のみ。Christie'sの予想落札価格400万ドルから600万ドル(約4億2000万円から6億3000万円)を大きく上まわる結果となりました。なお、オークションは3人の電話入札者で競われ、希少な本のコレクターである米国人Stephan Loewentheilによって落札されました。

シェークスピア 過去最高額 オークション Stephan Loewentheil氏が経営するThe 19th Century Rare Book and Photograph Shopでも報告。希少な本と写真を取り扱っている(画像はThe 19th Century Rare Book and Photograph ShopのWebサイトから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.