ニュース
» 2020年10月19日 19時08分 公開

初日3日間で興収46億円突破 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編がロケットスタート、歴代1位を次々更新中

日本における歴代1位の興行成績を記録した「千と千尋の神隠し」(308億円)を超えるか。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 吾峠呼世晴さんが手掛けた同名漫画を原作とする劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(10月16日公開)の初日3日間の興行成績が発表され、観客動員数は340万人以上、興行収入は46億円と記録的なロケットスタートを切りました、最終的な興行成績がどうなるかファンから注目されています。

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編ポスタービジュアル

 2019年4月から9月にかけて放送されたテレビアニメが大きな話題を読んだ「鬼滅の刃」。最終回は、主人公の竈門炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助らが“無限列車”に乗り込むシーンで終了し、10月16日から公開されている劇場版「鬼滅の刃」無限列車編では、“炎柱”煉獄杏寿郎とともに、鬼に立ち向かう炭治郎たちの姿が描かれます(関連記事)。

 全国403館で公開された同作は、公式サイトの発表によると、10月16日〜18日の3日間で342万493人を動員し、興行収入は46億2311万7450円を記録。初日3日間の興行成績は、2014年公開の「アナと雪の女王」(興収9億円以上)や、2016年公開の「君の名は。」(興収12億以上)をぶっちぎっており、平日および、土日における「日本国内で公開された映画の興行収入・動員数の歴代1位」を記録しました。なお、近年の大ヒット作といえる「アナと雪の女王」「君の名は。」の最終興収はそれぞれの255億円、250億3000万円とのことです。

 発表を受け、ファンからは祝福の声とともに、「ボロ泣きしました」「まだまだ見足りない」「大きなスクリーンで何度も観たくなる」との感想が続出。また、日本で公開された映画の中で、歴代1位の興行成績を記録している「千と千尋の神隠し」(2001年)の興収308億円と比較し、「何処まで迫るだろう」「さすがに無理だろうなぁ……308億円は化け物すぎる」「超えるんちゃう?」など、最終的な興行成績に注目している声も寄せられています。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編場面カット

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 観客動員 興行収入

LiSA - 炎 / THE FIRST TAKE

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.