ニュース
» 2020年10月20日 21時00分 公開

猫のかわいさは恐怖を打ち消す!! 怪談のプロが語る“自宅でホラー映画を観ない理由”に共感の声

すごい強力な“和み”機能です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ホラー映画が大好きな怪談師の夜馬裕(やまゆう/@yamayu_ggh)さんが、「自宅であまりホラーを観ない理由」を投稿。テレビの前に現れ目線を奪う、その強引な“モフモフ”がかわいいと話題になっています。なにみてるニャー。



 その理由は、映画のここぞというシーンに限って、猫ちゃんがテレビの前に座って「くりくりした目で強引に気分をなごませてくる」から。ドキドキな雰囲気から一転、一度猫の方を見てしまうと「か、かわいい……!」となって、一気に心が和んでしまいます。違う意味で恐ろしい猫ちゃんだ……。


テレビ前 自宅 ホラーを観ない理由 猫 なごませてくる 強引に気分を和ませる猫ちゃん(かわいい)

 つぶらな瞳と、どこか優しくほほえむような表情がとってもあいらしく、Twitterでも「わかる」といった共感とともに「かわええ」「可愛すぎてそっちにめがいきすぎる」と魅了される人の声が寄せられ人気に。ちなみにホラーの雰囲気を出そうと、部屋を暗めにして観ていると、より猫ちゃんの目がくりくりしてしまい、ついそちらを見てしまうのだとか。

 また以前には、ゲームを始めるとテレビの真ん中辺りに陣取る猫ちゃんの姿も目撃されており、猫ちゃんによる“気分を和ませる”機能はかなり強力なようです。





 そんな“猫あるある”で、ホラー映画鑑賞中もほっこりさせてくれた夜馬裕さんの愛猫さん。先日、怪談話21篇を収録した単行本『厭談 祟ノ怪』(竹書房)を出版した夜馬裕さんは、忙しい原稿中も「生ぬるく見守ってくれるねこのおかげです」と、癒やしてくれる愛猫への感謝をツイート。ただし、自宅で怪談を練習する際には「『きみは何をやっとるんだ』という、圧倒的に小馬鹿にした顔をよくされます」とのことで、怪談師としては猫ちゃんが“一番の辛口批評家”でもあるようでした。


テレビ前 自宅 ホラーを観ない理由 猫 なごませてくる 在宅ワークする飼い主さんを見張ることも






画像提供:夜馬裕(@yamayu_ggh)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン