ニュース
» 2020年10月20日 20時30分 公開

「もうじき溶けきる入浴剤」「バターをのばすほど深まる食パンの穴」 日常の“あるある”を再現する工作本『ヘンテコねんど教室』が登場

ほかにも、「トウモロコシのはじっこ」や、「雑に脱いで輪ゴムみたいになった水着」などの作り方が分かりやすく解説されています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「もうじき溶けきる入浴剤」をはじめ、さまざまな日常の“あるある”を再現している造形作家、しばたたかひろ(@iine_piroshiki)さんの粘土細工が本になりました(関連記事)。『ヘンテコねんど教室』として、マイナビ出版より11月26日に1285円(税別)で発売されます。


ヘンテコねんど 『ヘンテコねんど教室』書影

ヘンテコねんど 粘土細工の作り方が詳細に

 しばたさんが作品の作り方を、写真入りで分かりやすく紹介する工作本。使用する道具や粘土の分量、完成時のサイズ感など、制作に必要な情報も詳細に記されています。


ヘンテコねんど 工程をながめるだけでも楽しい

 作品のモチーフは「(空気が抜けているので)選んではいけないボール」や「バターをのばすほど深まる食パンの穴」など、どことなく切ない現象ばかり。「(強引に脱いで輪っかのようになった)授業後の水着」のように郷愁を誘うものも多く、大人も楽しめそうです。


ヘンテコねんど 冷えたバターを押しつけたらめりこんでしまったトースト

ヘンテコねんど トウモロコシって、先っちょに近づくほど粒がおいしくなさげに見えることありますよね

ヘンテコねんど 食べたあとのぬけがらを山に交ぜるイタズラ

ヘンテコねんど 靴底の溝が連れてきちゃったお友だち

ヘンテコねんど 肌に貼り付いてなかなか脱げなくて、くるくるしちゃったやつ

 しばたさんに聞いたところ、コンセプトは「他の工作本にはない体験ができる本」とのこと。「かっこいい」「おしゃれ」「実用的」といった要素がほぼなく、「普段なら絶対に作り方を教えてもらえないモチーフばかりです」と、作者がアピールするユニークなこの工作本。Twitterでは「地味にワクワクする」「遊び心がいい」「わかりみがある」と好評を博しています。


画像提供/協力:しばたたかひろ(@iine_piroshiki)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」