ニュース
» 2020年10月21日 17時43分 公開

「悪い母親だと思い込んでしまっていた」 上原さくら、生後6カ月の娘と離れ半日外出 “母親の気分転換”への意識が180度変わる

夫婦で月に1回ずつ自由に過ごせる日を作ることに。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 タレントの上原さくらさんが10月21日、生後約6カ月の娘と初めて離れて外出したことをブログで報告。半日ほどの間に仕事や病院への通院の他、友人との食事も楽しめたそうです。

上原さくら 娘 第1子 子ども 外出 お出かけ時のメイクも投稿「せっかくだからもっとぶっ濃くメイクしたらよかった……」(画像は上原さくら 公式ブログから)

 上原さんは4月30日に第1子女児の出産をブログで報告。生まれて間もないわが子を包み込むようなショットを添え、「こんにちは、赤ちゃん うわぁ……ほんとに可愛いよ〜」とメロメロな様子を見せていました(関連記事)。

 以降、子育てにつきっきりな様子をブログでつづっていた上原さんは、「お互いに月に1回ずつ、夜の12時を門限に、娘のお世話の事は相手にお任せして、自分の好きなように過ごす!」というルールを夫婦間で作ったことを説明。まず、自分が先行で自由時間を過ごすことになったそうです。

 これまでは、「どこか子供を置いて友達とお茶やご飯に行く母親は、悪い母親だと思い込んでしまっていた部分もあります」と自身の中で思い描いていた“母親像”があった様子。しかし、「でも、よくよく考えたら……時々友達と気分転換に遊びに行ったからって、娘の健やかな成長の妨げになる訳もない。むしろ、友達と他愛もない話しをして思い切り笑って気分転換をした方がいいに決まってる!」と思い直したようで、「すごくいいリフレッシュが出来て、疲れているのに疲れていないみたい!」と楽しんだことをつづっています。なお、外出中は1時間に1度くらいのペースで娘の写真を送ってもらいながら安心して仕事をしたり遊んだりできたようです。

上原さくら 娘 第1子 子ども 出産 生まれたばかりの娘と(画像は上原さくら 公式ブログから)

 母親でも気分転換をしていいという上原さんの考えに対しファンからは、「ママだからこそ、息抜きして楽しんでくださいね」「逆にママはずっと子供と一緒だからこそリフレッシュしなくちゃ」「世間の目なんて、所詮他人の価値観……息抜きは誰にも必要!」「とても大切な時間だと思います! 何なら絶対に必要な時間!!」といった肯定的な意見が寄せられました。その他、夫婦で話し合って各自に自由時間を与え合うと決めたことについて、「なんでも話せる素敵なご夫婦ですね!」という反応も見られました。

五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10