ニュース
» 2020年11月11日 11時30分 公開

【料理で事故った体験談】海外製のガスバーナを使ったら1メートルの火柱→“火の玉浴槽消火ダイブ”で何とかなったけど全治3週間(1/2 ページ)

「安い肉を安いトーチであぶったら、意外と高くつきました(笑)」。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、料理中に起こった危険な出来事をインタビューする企画「お料理で事故った話、教えてください」。今回は「海外製の安いガストーチバーナを使ったら、接触不良で火柱が上がって……」という体験談を伺いました。

連載:お料理で事故った話、教えてください

 料理は毎日食べるもの。だけど、するのは意外と危ないもの。日々の暮らしの中で見落しがちな「家事にはどんな危険があるのか」「注意すべきポイント」に気付くために、いろいろな人から体験談を募集していろいろ聞いてみよう、という企画です。

「缶の上全てから1メートル程度の火柱が上がっている感じ」



 ステーキに焼き目を入れようと思い、ネット通販で購入した海外製の安いガストーチバーナを使ったところ、大炎上。火の玉浴槽消火ダイブをしたことがあります。

―― 火の玉浴槽消火ダイブ。

 カセットガス缶に装着するタイプのものだったのですが、接触不良で缶との接続部からガスが漏れていたようで。コンロの火が引火し、火柱が吹き出る状態になりました。ガス缶から常時ガスが噴出していたらしく、もう缶の上全てから1メートル程度の火柱が上がっている感じです。

 シンクで水を掛け消火を試みたものの、消えるはずもなく。そのまま風呂場まで“火の玉”を素手で持っていって、浴槽に沈めて消火しました。

 しかし、そのせいで火災報知器などが反応して……。私の住んでいるマンションはセキュリティが全て連動しておりまして、まず火災報知器が作動して、フロア全体に火災アナウンスが流れ警報ベルが鳴って。同時にセコムも作動して緊急連絡が入り、マンションに消防とセコムが到着、さらに消防が救急を呼んで……といった具合。

 私は、炎を吸ったということで血中酸素濃度と心拍数のモニターを付けられ、ストレッチャーに載せられ、酸素マスクまで付けて救急搬送。右手に全治3週間の火傷を負っていました。


救急搬送された病院から帰ってきたときに撮影したとのこと

―― この話の入り口、「ステーキに焼き目を入れる」というささやかな楽しみだったんですけどね。

 ついでに言うと、さらに警察も来ていたようで。後日、火災(ボヤ)扱いということで現場検証もされました。

 まあ、結果的には右手の火傷以上の被害はなく、キッチンも部屋もススぐらいで意外とダメージがありませんでした。おかげで今では笑い話にもなりますが、爆発事故につながる危険性もあったと思います。

 安い肉を安いトーチであぶったら、意外と高くつきました(笑)。

編集部注:ガストーチバーナによる事故

 2019年の東京都消防庁の発表によれば、ガストーチバーナによる事故は「平成30(2018)年以降、全体の件数が増加傾向」「その要因の一つとして機器の不具合によると判定された火災の割合が急増している」とのこと。

 本記事の体験談の通り、漏れたガスに引火してしまうと消火が難しく、消火方法としては「消火器を使う」「多量の水を張った容器に水没させる」ことが考えられるとのこと。なお、火を遮るためにボンベを鍋に入れたりボウルなどを覆いかぶせたりするのはかえって危険だとしています(熱でボンベが破裂することがあり、それが早まるという理由から)。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」