連載
» 2020年10月22日 18時00分 公開

プリキュアで10年以上信じられている“7つのウワサ”を検証するサラリーマン、プリキュアを語る(1/3 ページ)

ネットでまことしやかに語られているプリキュアのウワサ話を検証しました。

[kasumi,ねとらぼ]

 プリキュア界隈(かいわい)では、10年以上もまことしやかに語られている謎のウワサ情報が多々あります。「銀魂がプリキュアパロディーをしたら東映が激怒した」「親からのクレームで水着がNGになった」などなど……。

 これらが本当なのか? ウソなのか? 今回はそのあたりを調べていきたいと思います。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 10月に入り盛り上がりを見せてきた「ヒーリングっどプリキュア」

「ヒーリングっどプリキュア」急展開

 「ヒーリングっどプリキュア」が10月に入って急展開です。

 コロナ禍中の2カ月の再放送もあり、ストーリーの縦軸がゆったりと進行していた印象のあった「ヒーリングっどプリキュア」ですが、10月に入り急展開。がぜん盛り上がりを見せてきました。

 10月11日放送の第28話「苦しみの再来!?ダルイゼン、あなたは」では、幼少から病弱だった主人公、花寺のどか(キュアグレース)の病気の原因がプリキュアの敵ビョーゲンズによるものであったことが判明しました。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 幼少の花寺のどかが病弱だったのはダルイゼンが原因だった?

 敵幹部ダルイゼンによって病原体の結晶メガパーツを体に入れられ「宿主」とされてしまったのどかちゃん。その体から出てきた黒いモヤは、ダルイゼンそっくりの姿のケダリーとなりプリキュアの前に立ちはだかります。

 なぜ、のどかちゃんの体から出てきたケダリーがダルイゼンそっくりなのか? のどかちゃんは幼少期にダルイゼンの宿主にされ、それが病気の原因だった!? そんな急展開にネット界隈でも大きな盛り上がりを見せました。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 花寺のどかの体から出てきたケダリー

 ただ、このときは大人ネット民のやや悪い所も出てしまい「プリキュアが出産した」「ダルイゼンとのどかの子どもがケダリー」「プリキュアが母親になった」などの面白がりワードが過熱してしまいました。

 結果「プリキュア 出産」「プリキュア 母親」などがTwitterトレンドに入ることとなり、プリキュアを知らない人たちにまで良からぬ誤解を与えることになってしまったのです(実際は「出産」や「子ども」といったワードは一切作中では出てきません。作中の描写は「宿主から病原体が出てきた」というだけです)。

 こういった「膨らんだ情報が外に出て一人歩きして成長、拡散していく様子」は、まさに今作のメガビョーゲンそのものなのですが、プリキュア界隈に限らずウワサや流説はこうやって広まっていくのだな、と実感したものです。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 第28話でメガパーツを体に入れられ倒れてしまった花寺のどか

 これ以外にもプリキュア界隈には「10年以上信じられているウワサ情報」というものがたくさんあります。

 ファクトチェックが必須の現代。「面白ければウソでも良い」は令和の時代では通用しません。今回はそれらプリキュアの流説の一部を見ていきたいと思います。


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」