ニュース
» 2020年10月22日 09時00分 公開

水戸駅「特急列車ヘッドマーク弁当第四弾 ひたち」(2160円)〜全線で運転再開! 常磐線

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 茨城県・水戸駅「特急列車ヘッドマーク弁当第四弾 ひたち」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年3月14日)

駅弁 E657系電車・特急「ひたち」、常磐線・赤塚〜偕楽園(臨)間
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

令和2(2020)年3月14日、常磐線が9年ぶりに全線で運転を再開しました。

常磐線は、東北本線の日暮里から海沿いへ分かれ、千葉・茨城・福島(浜通り)を経由して、宮城県の岩沼で再び東北本線に合流する343.7Kmの路線です。

沿線は、平成23(2011)年の東日本大震災で大きな被害を受け、最後まで富岡〜浪江間で運転を見合わせていましたが、この日、ようやく全線がつながりました。

駅弁 特急列車ヘッドマーク弁当第四弾 ひたちに付属するカード

今回の全線運転再開に合わせて、品川〜いわき間を結ぶ常磐線特急「ひたち」の一部が、いわき以北に延伸され、3往復の列車が仙台まで常磐線経由で直通するようになりました。

常磐線・いわき〜岩沼間を特急列車が走るのも9年ぶりのこと。

厳密にいえば東日本大震災当時、仙台方面行の特急列車は「スーパーひたち」でしたので、特急「ひたち」として仙台まで直通するのは、JR初期の485系電車以来ですね。

駅弁 特急列車ヘッドマーク弁当第四弾 ひたち

そんなことをふと思い出させてくれたのは、3月14日〜15日の2日間、水戸駅構内の売店・NEWDAYSなどで販売された「特急列車ヘッドマーク弁当第四弾 ひたち」(2160円)。

「特急列車ヘッドマーク弁当」シリーズは、JR東日本リテールネットと地元の駅弁屋さんが組んで製造・販売され、再利用可能な国鉄時代の列車の絵入りヘッドマーク弁当箱が魅力。

先ほどの485系電車の写真も、コチラの弁当にお品書きとして同封されていたものです。

駅弁 特急列車ヘッドマーク弁当第四弾 ひたち

【おしながき】

  • 白飯(茨城県産コシヒカリ)
  • 茨城県産黒毛和牛ステーキ
  • さつまいもの天ぷら
  • れんこんの天ぷら
  • 茨城県産つくば鶏の照焼き
  • 小松菜のおひたし(茨城県産)
  • きんぴらごぼう
駅弁 特急列車ヘッドマーク弁当第四弾 ひたち

今回、常磐線全線運転再開に合わせて復刻販売された「特急列車ヘッドマーク弁当 第四弾 ひたち」は、水戸駅弁の「しまだフーズ」が製造しています。

復刻に当たって、牛のしぐれ煮が茨城県産黒毛和牛のステーキにバージョンアップしました。

肉厚なステーキをガッツリいただくことができて、食べ応えも十分。

鉄道大好きな国鉄世代のお父さんと、わんぱく坊やが一緒に楽しめる弁当ですね。

駅弁 E657系電車・特急「ひたち」

仙台行の初列車となった3月14日の「ひたち3号」には、運転再開を記念した「つながる常磐線」のラッピングが施された編成が充当され、ほぼ満席の乗客で賑わいました。

また、上り列車の「ひたち14号」でも東京に春の雪が降るなか、JR関係者のみなさんを中心に、仙台からの初列車に手を振って歓迎する光景が見られました。

仙台へ直通する特急「ひたち」は、下りが上野発8:00、13:00、16:00(3.13.19号)。

上りは仙台発10:13、16:11、18:02(14、26、30号)で、3号以外は品川発着となります。

これから少しの間、奥深い常磐線の魅力を、沿線の駅弁と共にご紹介してまいります。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」