ニュース
» 2020年10月22日 17時59分 公開

「半沢直樹」で妻好演の上戸彩、『美ST』初登場 通常版と増刊号でセクシーとキュートな表紙飾る

最終回で妻・半沢花が発したせりふは、大きな反響を呼びました。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 女優の上戸彩さんが10月17日から発売されているビューティー月刊誌『美ST』(光文社)12月号に初登場。通常版と増刊号の両方でカバーを飾っています。

上戸彩 美ST 半沢直樹 半沢花 12月号の通常版の表紙では笑顔を浮かべている上戸さん

 上戸さんは、TBS日曜劇場「半沢直樹」に主人公の妻・半沢花として出演。9月27日放送の最終回では、半沢を優しく激励する数々のせりふが視聴者の胸を打ち、「花ちゃんの言葉が身に染みる」「今の時代、時間、瞬間、この言葉がさまざまな人に響けばいいな」「花ちゃんのこの言葉には人生救われた気がします」などの感想が寄せられ、Twitterでは「花ちゃん」がトレンド入りしました(関連記事)。

 主人公を支える妻を好演する中、9月14日に35歳の誕生日を迎えた上戸さん。初登場となった『美ST』の12月号では、通常版と増刊号の両方で表紙を飾っている他、2児の母として育児と仕事を両立する夫婦の秘訣(ひけつ)について語った、ロングインタビューも掲載されています。

 白を基調とし、キュートな表情をみせた通常版と黒を基調とし、セクシーな表情を見せた増刊号で全く異なる印象となっている『美ST』12月号。発売を受けファンからは、「表紙可愛すぎて選べなかった」と両方購入したことを報告する声や、「上戸彩さんが美魔女コンテストの美ST世代に!」と、時の流れに深く感じ入った声などが寄せられています。

上戸彩 美ST 半沢直樹 半沢花 しっとりとした表情の増刊号

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10