ニュース
» 2020年11月10日 11時30分 公開

【料理で事故った体験談】手羽元の煮え具合を確かめたくて圧力鍋の調整弁をグイッ→壁が真っ赤になった……というお話(1/2 ページ)

「トラブルを引き起こすのは鍋ではなくうっかり者の人間側(自分)である」

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、料理中に起こった危険な出来事をインタビューする企画「お料理で事故った話、教えてください」。今回は「圧力鍋で調理していたお肉の具合を確認したくなり、調整弁をうっかり……」という体験談を伺いました。

連載:お料理で事故った話、教えてください

 料理は毎日食べるもの。だけど、するのは意外と危ないもの。日々の暮らしの中で見落しがちな「家事にはどんな危険があるのか」「注意すべきポイント」に気付くために、いろいろな人から体験談を募集していろいろ聞いてみよう、という企画です。

「ちょっと考えれば熱い中身が一気に吹き出すのは当たり前なんですが……」



 圧力鍋の扱いでうっかりして、台所の壁がトマトスープで真っ赤になってしまったことがあります。蒸気が横に噴き出すタイプのものだったのが不幸中の幸いで、上に吹き出していたら顔面直撃していたかもしれません。

 あるとき、鶏の手羽元カレーを作っていたときのこと。ルーを入れる前段階として、玉ねぎ、手羽元、トマト(カットトマト缶)を圧力鍋に入れて煮込んでいました。

 鶏の手羽元って、食べるときにホロホロと肉が骨から勝手にはがれるくらい柔らかくなるとおいしいですよね。煮込み始めてからある程度時間がたったとき、私は手羽元がどのくらい柔らかくなったのか確認したくなりました。

―― 料理の出来を大きく左右するところですからねえ。

 私の使っていた圧力鍋はフタにダイヤル式の調整弁が付いていて、左に回すと高圧力、中央が低圧力、右に回すと蒸気開放になっていて。「フタを開ける前に蒸気を逃がそう」と思った私は、深く考えずにその調整弁を右に回転させました。

 「こんなことをしたら鍋の中の大きな圧力が一気に開放されるだろう」なんて全く考えていませんでした。

 恐ろしい勢いで吹き出す蒸気&スープ! 台所の右側の壁一面がトマトスープで真っ赤になってしまいました。ちょっと考えれば熱い中身が一気に吹き出すのは当たり前なんですが、それまでそんな実験をしたことも体験をしたこともなく、考えが及びませんでした。

 無知って怖いですね……。

―― 「高温高圧で調理を行う圧力鍋は便利だけど、使い方を誤ると危険」「正しく使おう」というのは広く言われていることですが、うっかりというのはありますからね……。

 私の義母が「圧力鍋は爆発しそうで怖いから使わない」と言っていて、「今どきそんな低品質の圧力鍋なんてないでしょ」と思っていましたが、トラブルを引き起こすのは鍋ではなくうっかり者の人間側(自分)であることを知りました。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10