ニュース
» 2020年10月23日 12時00分 公開

まさか宇宙戦争に発展、マグロ(古川登志夫)対ニワトリ(神谷明)のショートムービー第2弾公開

妻子(山本百合子)との別れのシーンに謎の感動?

[ADAKEN,ねとらぼ]

 “海のチキン”マグロ(CV:古川登志夫さん)と“陸のチキン”ニワトリ(CV:神谷明さん)が超絶バトルを展開する、はごろもフーズとプリマハムのコラボ商品「シーチキンチキン」のショートムービー第2弾が公開されました。「ウオー!」(マグロ)、「コケーッ!」(ニワトリ)と言葉にならない壮絶な戦いを繰り広げる両者。言ってる意味は分からんが、とにかくすごい気迫だ!

シーチキンチキン バトルズ イン ザ ギャラクシー はごろもフーズ プリマハム 古川登志夫 神谷明 山本百合子 まさかの第2弾はユリアこと山本百合子さんも参加
はごろもフーズ「シーチキンチキン バトルズ イン ザ ギャラクシー」

 新たに公開されたのは、「シーチキンチキン バトルズ イン ザ ギャラクシー」と題した動画。古くから続いたマグロとニワトリの争いは、「シーチキンチキン」の爆誕により一段落したと見られていたものの、「自分こそがこの銀河で一番のチキンだ!」と互いが主張を始めたことで再び闘いが勃発。古川さん演じるマグロー提督と、神谷さん演じるニワトリーン皇帝が、ともに艦隊を率い「銀河最強のチキン」の覇権をかけて宇宙空間で激突するというストーリーになっています。

シーチキンチキン チキン軍 チキン艦隊出撃
シーチキンチキン マグロ軍 本格SFアニメ顔負け、本気すぎるメカデザイン

 マグロもチキンも、ともに愛する家族に別れを告げ出撃するシーンが織り込まれ、謎の郷愁を誘います。両者の妻や子どもの声はいずれも「北斗の拳」のユリア役などで知られる山本百合子さんが熱演。1分足らずの尺ながら壮大な物語に思わず見入ってしまうこと請け合いです。反面、何の商品のPRなのか、ちゃんと伝わるのかが気掛かりです。

シーチキンチキン バトルシーン 宇宙を舞台に壮絶な戦闘シーンが展開
シーチキンチキン チキン出撃 勇ましすぎるチキン
シーチキンチキン マグロ家族 愛する家族に見送られるマグロン、何故か泣ける
第1弾動画

 2019年に第1弾が公開され「ケンシロウVSシン?」などと話題になった同シリーズ。今回はマグロ軍の兵士マグロンとマグローン提督の2役を演じることになった古川さんは、「第2弾となれば、もはやマグロキャラは僕の持ちキャラ!」とマグロ独特(?)の勇ましい咆哮(ほうこう)を披露。対するニワトリ側の兵士チキンNo.1138とニワトリーン皇帝を演じた神谷さんは、「ニワトリとしてのセリフを、いかに制約された言葉の中で表現するかということを考え、腕によりをかけて演じた」と自信をのぞかせています。

シーチキンチキン バトルズ イン ザ ギャラクシー はごろもフーズ プリマハム 古川登志夫 神谷明 山本百合子 豪華キャストが勢ぞろい

 さらに今回から参加し、マグロンの妻マグロラと子マグロ、チキンNo.1138の妻チキンNo.2245とヒヨコと4役を演じた山本さんは「なかなか気持ちを作るのが難しく、実際に人間の言葉で声に出してからセリフを言う様にしていました。『あなた、気をつけてね...』『コケ、コケッコ...』『行ってらっしゃい』『うお、うおうお...』チキンの方は少し気が強い妻にしてみよう...などと考えていたのですが、結局は絵を見て感じるままに声を出しました」と語っています。

 山本さんとの共演について、古川さんは「お互いの芝居も呼吸も熟知している3人なので、同窓会的楽しさも加わって、最高に嬉しいキャスティングに感謝です!」とコメントしています。

シーチキンチキン 油漬けタイプ オイル不使用タイプ シーチキンチキンは油漬けタイプとオイル不使用タイプ好評販売中

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」