ニュース
» 2020年10月26日 15時08分 公開

「入院していたことも全く覚えてません」 SHEILA、くも膜下出血の後遺症で人生が激変も……久々の晴れやかな笑み(1/2 ページ)

2019年5月末にくも膜下出血で緊急手術を受けたSHEILAさん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 くも膜下出血で療養しているタレントのSHEILAさんが10月25日、セルフィーで写った笑顔のショットをInstagramで公開。後遺症の症状や現在の生活について、赤裸々に明かしています。

SHEILA くも膜下出血 後遺症 近況報告したSHEILAさん(画像はSHEILA Instagramから)

 2019年5月末にくも膜下出血で緊急手術を受けたSHEILAさん。手術から約7カ月後に初めて更新されたInstagramでは、「辛すぎて何もできなかった」「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない」など後遺症に苦しんでいることや、リハビリに取り組んでいることを報告していました。

 この日の投稿では「ながーい間、美容院に行ってません」と明かし、「入院していたことも全く覚えてません」と記憶障害に悩まされていることを告白。そして「くも膜下になってから私の人生は変わりました」と生活が激変したことをつづっています。

 現在は「仕事関係は全て辞めました」と報告しており「子供達と旦那さんと毎日一緒にいられるのが今は幸せで大事なんです」と家族との時間を大切にしているようで、リハビリ以外では、ほとんど家で過ごしているそうです。

 さらには「不思議とお茶も旅もしたくありません」「口が痛いのが辛いです。食べれない」「パワーもでない」「#右目 #が #見えない」とあらゆる症状を挙げた一方で、今やりたいことについては「自分で歩いて散歩です。ハニーが一緒なら尚嬉しい」とウオーキングへの意欲を見せていました。

SHEILA くも膜下出血 後遺症 リハビリする様子(画像はSHEILA Instagramから)

 SHEILAさんの近況報告に、ファンからは「大丈夫、みんな味方ですよ」「一歩ずつでも歩みをやめない事が大切ですよね」「これからもずっと見守っています」など激励するコメントが殺到しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響