ニュース
» 2020年10月26日 15時08分 公開

「入院していたことも全く覚えてません」 SHEILA、くも膜下出血の後遺症で人生が激変も……久々の晴れやかな笑み (1/2)

2019年5月末にくも膜下出血で緊急手術を受けたSHEILAさん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 くも膜下出血で療養しているタレントのSHEILAさんが10月25日、セルフィーで写った笑顔のショットをInstagramで公開。後遺症の症状や現在の生活について、赤裸々に明かしています。

SHEILA くも膜下出血 後遺症 近況報告したSHEILAさん(画像はSHEILA Instagramから)

 2019年5月末にくも膜下出血で緊急手術を受けたSHEILAさん。手術から約7カ月後に初めて更新されたInstagramでは、「辛すぎて何もできなかった」「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない」など後遺症に苦しんでいることや、リハビリに取り組んでいることを報告していました。

 この日の投稿では「ながーい間、美容院に行ってません」と明かし、「入院していたことも全く覚えてません」と記憶障害に悩まされていることを告白。そして「くも膜下になってから私の人生は変わりました」と生活が激変したことをつづっています。

 現在は「仕事関係は全て辞めました」と報告しており「子供達と旦那さんと毎日一緒にいられるのが今は幸せで大事なんです」と家族との時間を大切にしているようで、リハビリ以外では、ほとんど家で過ごしているそうです。

 さらには「不思議とお茶も旅もしたくありません」「口が痛いのが辛いです。食べれない」「パワーもでない」「#右目 #が #見えない」とあらゆる症状を挙げた一方で、今やりたいことについては「自分で歩いて散歩です。ハニーが一緒なら尚嬉しい」とウオーキングへの意欲を見せていました。

SHEILA くも膜下出血 後遺症 リハビリする様子(画像はSHEILA Instagramから)

 SHEILAさんの近況報告に、ファンからは「大丈夫、みんな味方ですよ」「一歩ずつでも歩みをやめない事が大切ですよね」「これからもずっと見守っています」など激励するコメントが殺到しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ