ニュース
» 2020年10月26日 18時40分 公開

ナイスパンチ! 前園真聖、やんちゃすぎるイメチェンに反響 「サブちゃん」「ピコ太郎」「鼠先輩お久しぶり」 (1/2)

どうしてこうなった。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 サッカー元日本代表でタレントの前園真聖さんが10月26日、おもむろにパンチパーマとなった姿を自身のInstagramで披露。いかつさが加わった斜め上のイメチェンにファンの間で「サブちゃん」「ピコ太郎」「鼠先輩お久しぶり」など思い思いの連想ゲームが繰り広げられています。どうしてこうなった。

前園真聖 パンチパーマ Instagram 前園さん? (画像は前園真聖Instagramから)

 アレンジ直後なのか、美容室とおぼしき場所をバックに、「いやいや、パンチパーマになっとるがな」とコメントを添え、ゴリゴリのパンチパーマになったことを報告した前園さん。ここ最近は、サイドを刈り上げた短髪姿が板に付いていましたが、ファッショニスタの感性が変化を渇望していたのかもしれません。

 本人のコメントなどからは望まない結果だったように読み取れますが、写真に写る表情は完全に楽しげ。2枚目の画像では、けがの功名とでもいわんばかりに、サングラスを掛け貫禄が増した姿も披露しており、現在放送中のテレビドラマ「極主夫道」(日本テレビ系)に登場していても違和感ゼロのやんちゃさをかもし出しています。Vシネ出演待ったなし。

前園真聖 パンチパーマ Instagram この男、ノリノリである(画像は前園真聖Instagramから)

 現役時代の才能あふれるプレーを知る人はもちろん、近年のタレント活動を知るファンは前園さんの突然の変化にくぎ付け。「お顔が良いから、パンチも超似合ってますよーん」とこの髪形も評価する声や、「まさかこの人が、かつて日本中のサッカー少年が、憧れていたエースストライカーとは!」といった驚きの声もありますが、その多くは「サブちゃん」「ピコ太郎」「鼠先輩お久しぶり」などパンチパーマつながりの連想ゲームが繰り広げられる事態となっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」