ニュース
» 2020年10月29日 09時00分 公開

郡山駅「驛辨浪漫〜おむすび編〜」(880円)〜海苔のりべんのおむすび“姉妹駅弁”!

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 福島県・郡山駅「驛辨浪漫〜おむすび編〜」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年10月6日)

駅弁 E5系新幹線電車「やまびこ」、東北新幹線・郡山〜福島間
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

秋の行楽シーズン、さっそくGo to トラベルキャンペーンを活用している方もいますね。

東北方面への移動は、大宮〜仙台間・ノンストップの「はやぶさ」に乗客が集まりやすい傾向がありますが、密を避ける上では「やまびこ」の利用も有効的。

盛岡発着や各停タイプの「やまびこ」には、窓側の電源コンセントや、無料wi-fiが使えるE5系新幹線電車が充当されることも多く、快適な移動を楽しむことができます。

駅弁 驛辨浪漫〜おむすび編〜

東京から上野、大宮、宇都宮停車の「やまびこ」で約80分、郡山駅弁「福豆屋」が10月から発売した「驛辨浪漫〜おむすび編〜」(880円)をさっそくいただきました。

コチラは今年(2020年)4月、駅弁135年に合わせて各社競作でつくられたおにぎり弁当をバージョンアップさせ、あの「海苔のりべん」の姉妹駅弁と位置付けた新作駅弁。

掛け紙には、大正後期の郡山駅舎が描かれています。

駅弁 驛辨浪漫〜おむすび編〜

【おしながき】

  • おかかおむすび
  • 昆布おむすび
  • 玉子焼き
  • ささみ竜田の梅しそ巻き
  • ちくわ磯辺揚げ
  • 煮物(伊達鶏つくね、玉こんにゃく、人参)
  • きんぴらごぼう
  • 相馬胡瓜漬け
駅弁 驛辨浪漫〜おむすび編〜

わっぱの木の香りと共に蓋を開けると、どこか懐かしく、旅心くすぐる駅弁が現れました。

福豆屋自信の「あさか舞コシヒカリ」を使ったおむすびは、おかかと昆布の2つの味。

福豆屋によると、今回の発売に当たり、おかかおむすびにも海苔を巻き、ダブルで“海苔+海苔”として、“海苔のりべん“の姉妹駅弁にふさわしいリニューアルを行ったそうです。

昔の駅そばのそばたれに由来するおかか、手づくりの厚焼き玉子も、ダブルで絶品です。

駅弁 E721系電車・快速列車、磐越西線・川桁〜猪苗代間

いまのところ、郡山駅とその周辺駅で、来年(2021年)春ごろまでの販売を予定しているという「驛辨浪漫〜おむすび編〜」。

駅弁味の陣2020」には、新作駅弁としてエントリーしています。

郡山から会津若松へ向かう磐越西線の快速列車は、1時間あまりの乗車。

短時間の乗車でも気軽に味わえて、気分を“ノリノリ”にさせてくれる新作駅弁の登場です。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」