ニュース
» 2020年10月31日 12時00分 公開

東北に伝わる“謎の儀式”に誘われて… 恐る恐る「芋煮会」に参加した初体験者の漫画にほっこり

人間、芋煮鍋くらい大きな器でおおらかにありたい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東北地方の秋の風物詩、「芋煮会」を初体験した関東出身者の実話漫画が興味深いです。ネットで「芋煮戦争」(関連記事)なんて物騒な言葉を知り、恐る恐る参加した結果は……?


1P 東北の秋といえば芋煮会。でも、初めてだと身構えてしまう人も

 作者のひーこ(@hiiko_otoboke)さんが4年前に、引っ越し先の仙台で初めて迎えた秋の出来事。町内会の連絡で、草刈りのあとに芋煮会が催されると知ります。


2P

 千葉で生まれ育った彼女にとって、芋煮会は未知の風習。事前にきちんと調べておかなければとネットを漁ったところ、恐ろしい情報が次々に入ってきました。


3P

 というのも、芋煮会の調理法は地域ごとに異なり、ネットではしばしば、宮城の「豚肉&みそ味」と山形の「牛肉&しょうゆ味」(※)の対立構造が語られているのです。「宮城で山形の芋煮を称賛したり、宮城の芋煮を『豚汁』と呼んだりすると、酷い目に遭う」などとまことしやかに語られているのを見て、ひーこさんは恐れおののきます。

※実際は県内でも地域差があり、一概には言えません

4P

 こうして入念にリサーチして迎えた芋煮会当日。ひーこさんが見たものはというと……。


5P

 堂々と芋煮を「豚汁」と呼んだり、「山形のほうが好き」と言ってしまったりと、ぶっちゃけまくる地元民の姿なのでした。現実がネットよりもずっとおおらかで、よかったよかった。

 リサーチは取り越し苦労になってしまいましたが、ひーこさんは気楽に芋煮会を楽しめた様子。4年が経った今では、秋が来ると芋煮が恋しくなるそうで、すっかりなじんでいるようです。不毛な争いは気にせずに、河原で芋を煮よう!


作品提供:ひーこ(@hiiko_otoboke)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」