ニュース
» 2020年10月31日 14時33分 公開

HYDE、「映画 えんとつ町のプペル」風の“仮装”披露 ハロウィーン定番曲のムービーに「圧巻されて鳥肌が立ちました」

監督は蜷川実花さん。原作者・西野亮廣さんもチラッと出演。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 HYDEさんが歌う劇場版アニメ「映画 えんとつ町のプペル」オープニング主題歌「HALLOWEEN PARTY-プペルVer.-」のスペシャルムービーが10月30日に公開されました。やっぱ、ハロウィーンといったらこの曲だよな!

「HALLOWEEN PARTY-プペルVer.- 」(ドラマ編)

 ドラマ仕立てのムービーでは、カップルの2人が「えんとつ町のプペル」の舞台を観劇。舞台ではシルクハット&ステッキ姿のHYDEさんのノイジーな歌声に合わせ、ダンサーたちが「ハロウィン・スモーキーダンス」を激しく踊ります。「HALLOWEEN PARTY」は2018年まで例年行われてきたHYDEさん(VAMPS)主宰のハロウィンライブイベントの定番曲であり、今回はその新バージョンということになります。

えんとつ町のプペル HYDE HALLOWEEN PARTY 蜷川実花 画像はYouTubeから
えんとつ町のプペル HYDE HALLOWEEN PARTY 蜷川実花 画像はYouTubeから

 映画は12月25日から全国公開。原作となった同名絵本はお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんの手によるもので、大人でも泣ける絵本として2016年の発売以降、累計発行部数50万部という大ヒットを記録しています。

 今回のスペシャルムービーの監督を務めたのは写真家で映画監督の蜷川実花さん。映画の総指揮者でもある西野さんによると、「予算のことを一旦忘れて作ってみてください」というオファーを出したところ、誰も文句の言えないクオリティーのものが出来上がったとのこと。一方の蜷川さんは、「このコロナ禍において西野くんが大きな勝負をすることも入れ込みたいと思いました」としたうえで、「こういう大変な状況下において、エンタメに何ができるのかを詰め込んだ作品です」とムービーへの思いを語っています。

 当初の予算の2倍をかけたという渾身のスペシャルムービーに対し動画コメント欄には、「圧巻されて鳥肌が立ちました」「世界観に引き込まれました! 最高です」「こんなクォリティをYouTubeで観れるなんて、ヤバいです」「規模が半端ないです HYDEもカッコいい!! ダンスもキレっキレ!!」と多くの称賛が寄せられました。また、観客席に西野さんの姿が見えるシーンがあり、それに気付いた人からの「西野さんが観客に紛れ込んでるw」「西野さん観客でめっちゃ盛り上げてる!」という声も見られました。


(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
(C)AKIHIRO NISHINO, GENTOSHA 2016

五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10