ニュース
» 2020年11月01日 09時00分 公開

水戸駅「常磐路三国弁当」(1500円)〜常磐線「ひたち」でつながる! 茨城・福島・宮城の味

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 茨城県・水戸駅「常磐路三国弁当」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年3月20日)

駅弁 E657系電車・特急「ひたち」、常磐線・久ノ浜〜末続間
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

3月14日から全線で運転を再開した常磐線。

品川〜いわき間の特急「ひたち」も3往復が仙台発着となりました。

「スーパーひたち」時代は、いわきで切り離された4両編成で仙台へ向かうことが多かっただけに、10両の長編成が、福島県浜通り地方を走る風景は感慨深いもの。

かつて、特急「ゆうづる」「みちのく」といった東北特急が走った時代を思い起こさせます。

駅弁 E657系電車・特急「ひたち」、常磐線・山下〜浜吉田間

福島・宮城県境の常磐線(駒ヶ嶺〜浜吉田間)は、地元自治体のまちづくり計画と合わせ、内陸に移設する形で、ひと足早く、平成28(2016)年12月に運転を再開しました。

もちろん、この移設された新線区間も、特急「ひたち」が走るのは初めてのこと。

まだ新しい高架橋や築堤の下に広がる水田やいちご畑のビニールハウスを眺めて、特急「ひたち」は、仙台に向けて4時間半の旅のラストスパートに入ります。(参考)JR東日本水戸支社・仙台支社ニュースリリース、平成28(2016)年7月28日分

駅弁 常磐路三国弁当

常磐線全線運転再開のシンボルと言ってもいい、特急「ひたち」の仙台直通運転。

この運転再開を記念して、水戸駅弁の「しまだフーズ」が、3月14日から製造しているのが、常陸、磐城、陸前の3つの国の味覚を1度に味わえる「常陸路三国弁当」(1500円)です。

掛け紙にも偕楽園、フラの女性、仙台七夕と伊達政宗公が描かれており、特急「ひたち」が駆け抜ける茨城・福島・宮城の美味しいものが、ギュッと詰まった駅弁です。

駅弁 常磐路三国弁当

【おしながき】

  • 常陸牛しぐれ煮ご飯
  • 大洗産釜揚げしらすご飯 漬物大根のしそ巻き
  • 鮭炊き込みご飯
  • 牛たん塩焼き
  • えごま豚しゅうまい
  • 笹かまぼこ
  • 玉子焼き
  • ほうれん草のごま和え
  • 煮物(軍鶏肉団子、玉こんにゃく、人参、いんげん)
  • 梅れんこん
  • 大学いも
駅弁 常磐路三国弁当

水戸を拠点とする「しまだフーズ」の駅弁らしく、茨城県産コシヒカリのご飯をベースとして、肉も常陸牛のしぐれ煮、福島のブランド豚・えごま豚の焼売、仙台らしく牛たんの塩焼き。

さらに、仙台の笹かまぼこ、いわき特産の大根漬けのしそ巻きが香の物、デザートは茨城らしい大学いもと、3つの県の特産がわかりやすく入っています。

特急「ひたち」の旅のお供はもちろん、いますぐは足を運ぶことができない方も、東京駅「駅弁屋 祭」でも販売されているこの駅弁で、常磐線の旅気分が味わえそうです。

駅弁 E657系電車・特急「ひたち」、常磐線・赤塚〜内原間

江戸時代、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出たのは、千住からでした。

南千住・北千住を通って千葉・東葛地方から茨城を縦断、福島・浜通りを経由し、杜の都・仙台まで1本で結ぶ「常磐線」。

東京〜仙台間を、「はやぶさ」でビュンと1時間半で行く旅と、「ひたち」で4時間かけてゆっくり快適に行く旅が、再び選べるようになったことが、何よりも嬉しい常磐線の運転再開です。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  8. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙