ニュース
» 2020年11月02日 18時45分 公開

これが最後だと? 「ゲッターロボ アーク」2021年夏アニメ化決定

影山ヒロノブの主題歌が熱い第1弾PV解禁。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 永井豪さんと石川賢さん原作のロボットマンガ「ゲッターロボ」シリーズの最新作「ゲッターロボ アーク」が、2021年夏にアニメ化されることになり、第1弾PVが公開されました。シリーズ誕生から46年にして、ゲッターロボ・サーガにおける最終作。フルCGのゲッターに震えが来る!

ゲッターロボ アーク アニメ化 永井豪 石川賢 ゲッターロボ・サーガ最終作がついにアニメ化(ゲッターロボ アーク公式サイトから)
「ゲッターロボ アーク」PV第1弾

 公開されたPVは、影山ヒロノブさんが歌う「HEATS 2021」が流れる中、主人公・流拓馬らが乗る3台のマシンが合体しゲッターロボ アークに変形するシーンが3DCGで描かれており、見ているだけで熱い気持ちがたぎってきそう。まさにゲッターシリーズの集大成を感じさせます。

ゲッターロボ アーク ゲッターロボ アークの勇姿(第1弾PVから)

 監督は「ルパン三世 お宝返却大作戦!!」などを手掛けた川越淳さん。アニメ制作はBee・Media。「ゲッターロボ號」の続編であり、2001年の原作マンガ発表から20年を経た同作。最新のアニメ技術でどのような姿が見られるのか、今から楽しみです。

 なお、『ゲッターロボ アーク』アニメ化を記念して、「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」「新ゲッターロボ」のOVA3作品を9日午前10時まで無料配信中。さらに、11月6日からオンライン開催される「TAMASHII NATION 2020」内で、「ゲッターロボ大検証―アークへの果てしない道―」を配信の予定。同プログラムには原作者の永井豪さん、映画プロデューサーの永井一臣さん、川越淳監督、ゲーム「スーパーロボット大戦」シリーズの寺田貴信プロデューサーらが出演し、ゲッターの歴史と最新作について語るとのことです。


ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10