ニュース
» 2020年11月03日 12時30分 公開

あの色だ! 阪急電車色の万年筆インク「阪急マルーン」登場 阪急神戸線開通100周年記念、限定1000個

美しい色ですよね……!

[谷町邦子,ねとらぼ]

 阪急神戸線開通100周年を記念して、万年筆用カラーインク「Kobe INK物語」に特別色「阪急マルーン」(2420円)が登場。限定数は1000個、2020年11月16日10時から阪急電鉄公式オンラインショップ「HANKYU DENSHA SHOP」ナガサワ文具センター公式オンラインショップで販売します。

阪急マルーン 「Kobe INK物語」特別色「阪急マルーン」。1920年に開通した阪急神戸線100周年を記念して誕生
photo (参考)阪急・大阪梅田駅ホームに並ぶ阪急マルーン色の阪急電車(写真:鶴原早恵子)

 阪急マルーンとは、阪急電車で長らく使われ、親しまれるおなじみの車体色のこと。赤・紫・茶色の中間色で、副称は「小豆色」。阪急神戸線100周年記念インクは、神戸のステーショナリー専門店・ナガサワ文具センターが阪急電鉄と共同で、歴史ある車体色のイメージに近づくよう調合を重ねて再現しました。

阪急マルーン 1960年に登場した阪急2000系電車(左)、2013年登場の2代目阪急1000系電車(中)、車体色を再現したインク「阪急マルーン」(右)
阪急マルーン 「阪急マルーン」の色見本(画像:HANKYU DENSHA SHOP)
阪急マルーン 阪急神戸線開通100周年記念パッケージと特製しおり付き

 カラーインクとともに「神戸線開通100周年記念万年筆」も作られました。阪急マルーンのボディーにアイボリーの天冠、シルバーのアクセントで阪急電車を表現し、ペン先に阪急神戸線開通当時の社章と「KOBE LINE 100th」の文字を刻印します。

 価格はインク「阪急マルーン」とセットで5万2800円(限定100セット)。オンラインショップのほか、ナガサワ文具センターの各店舗でも11月20日に発売します。

阪急マルーン ベースはセーラー万年筆プロフェッショナルギア。カートリッジ・コンバーター両用式。ペン先はEF(極細)、F(細字)、MF(中細)、M(中字)、B(太字)、Z(ズーム)、MS(ミュージック)各種。MF(中細)はHANKYU DENSHA SHOPのみで販売

 Kobe INK物語は2007年に発売された「六甲グリーン」を皮切りに、神戸の街を色で表現した商品を展開。震災から10余年を経て「専門の文具とすてきな街・神戸の“色”で、お世話になった方へお礼の手紙を書きたい」と思ったのが開発のきっかけとのことです。

阪急マルーン 自然と色彩が豊かな街である神戸の風景と歴史をテーマに作られた万年筆用カラーインク「Kobe INK物語」
阪急マルーン Kobe INK物語 ラインアップの一部

※価格は全て税込

(谷町邦子 FacebookTwitter



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む