ニュース
» 2020年11月03日 14時58分 公開

ジョニー・デップ敗訴、元妻へのDV「おおむね真実」 元妻側は今後「おびただしい量の証拠を提出する予定」

このあと米国での裁判に突入、証拠はたっぷりそろっていると元妻弁護士。

[城川まちね,ねとらぼ]

 ロンドンの高等法院は11月2日、米俳優ジョニー・デップによる英The Sun紙の発行元を相手取った、元妻アンバー・ハードに対する家庭内暴力に関する記事は名誉棄損(きそん)であるとの訴訟を却下しました 。オンライン上で公開された129ページにわたる判決文で、記事内容は「おおむね真実」と裁判官により記載されています。

ジョニー・デップ アンバー・ハード DV 裁判 ロンドンの高等法院では元妻へのDVが事実と認められる(画像はジョニー・デップのInstagramから)

 ジョニーが名誉棄損を訴えた記事は2018年4月27日に公開されたもの。「圧倒的な証拠がある」とジョニーのアンバーに対する家庭内暴力を事実としたうえで、英作家J・Kローリング原作の映画シリーズ「ファンタスティック・ビースト」でゲラート・グリンデルバルド役を演じるジョニーを降板させるよう強く促す内容でした。公開時タイトルには“DV夫ジョニー・デップ”の文言が含まれており、翌28日に記事タイトルは修正され、「DV夫」は削除されています。

 ジョニーは家庭内暴力自体を否定していましたが、被告側はアンバーがジョニーとカップルであった間に14件の家庭内暴力を受けたと証拠を提出し、うち12件が事実と認められる結果に。特に「彼女の人生を恐怖に陥れた」とされた事件のうち1つは、2015年に飲酒と薬物を過剰に摂取したジョニーが肉体的に、また口頭でもアンバーに暴力を加えたとするもの。ジョニーはその際アンバーに指を切断されたと主張しましたが(※当初はジョニー自身が切断したと報道)、彼女に責任があるとは認められないとされました。

ジョニー・デップ アンバー・ハード DV 裁判 10月末にはSNSで元気そうな様子を見せてくれたアンバー・ハード(画像はジョニー・デップのInstagramから)

 The Sun紙の広報は判決に対し、「The Sunは20年以上にわたって、家庭内暴力の被害者のため立ちあがりキャンペーンを行ってきました。家庭内暴力の被害者は決して沈黙するべきではありません。私たちは裁判官の慎重な検討に、そして裁判所へ証拠を提出してくれたアンバー・ハードの勇気に感謝します」と声明を出しています。

 さらにアンバーの弁護士も、この判決を「驚くことではない」とし、「近々、私たちは米国でさらにおびただしい量の証拠を提出する予定です」とコメント。ジョニーは米The Washington Post紙に掲載されたアンバーのオピニオン記事が名誉棄損であると訴えており、2人は今後米国での裁判も予定しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10