ニュース
» 2020年11月03日 14時58分 公開

ジョニー・デップ敗訴、元妻へのDV「おおむね真実」 元妻側は今後「おびただしい量の証拠を提出する予定」

このあと米国での裁判に突入、証拠はたっぷりそろっていると元妻弁護士。

[城川まちね,ねとらぼ]

 ロンドンの高等法院は11月2日、米俳優ジョニー・デップによる英The Sun紙の発行元を相手取った、元妻アンバー・ハードに対する家庭内暴力に関する記事は名誉棄損(きそん)であるとの訴訟を却下しました 。オンライン上で公開された129ページにわたる判決文で、記事内容は「おおむね真実」と裁判官により記載されています。

ジョニー・デップ アンバー・ハード DV 裁判 ロンドンの高等法院では元妻へのDVが事実と認められる(画像はジョニー・デップのInstagramから)

 ジョニーが名誉棄損を訴えた記事は2018年4月27日に公開されたもの。「圧倒的な証拠がある」とジョニーのアンバーに対する家庭内暴力を事実としたうえで、英作家J・Kローリング原作の映画シリーズ「ファンタスティック・ビースト」でゲラート・グリンデルバルド役を演じるジョニーを降板させるよう強く促す内容でした。公開時タイトルには“DV夫ジョニー・デップ”の文言が含まれており、翌28日に記事タイトルは修正され、「DV夫」は削除されています。

 ジョニーは家庭内暴力自体を否定していましたが、被告側はアンバーがジョニーとカップルであった間に14件の家庭内暴力を受けたと証拠を提出し、うち12件が事実と認められる結果に。特に「彼女の人生を恐怖に陥れた」とされた事件のうち1つは、2015年に飲酒と薬物を過剰に摂取したジョニーが肉体的に、また口頭でもアンバーに暴力を加えたとするもの。ジョニーはその際アンバーに指を切断されたと主張しましたが(※当初はジョニー自身が切断したと報道)、彼女に責任があるとは認められないとされました。

ジョニー・デップ アンバー・ハード DV 裁判 10月末にはSNSで元気そうな様子を見せてくれたアンバー・ハード(画像はジョニー・デップのInstagramから)

 The Sun紙の広報は判決に対し、「The Sunは20年以上にわたって、家庭内暴力の被害者のため立ちあがりキャンペーンを行ってきました。家庭内暴力の被害者は決して沈黙するべきではありません。私たちは裁判官の慎重な検討に、そして裁判所へ証拠を提出してくれたアンバー・ハードの勇気に感謝します」と声明を出しています。

 さらにアンバーの弁護士も、この判決を「驚くことではない」とし、「近々、私たちは米国でさらにおびただしい量の証拠を提出する予定です」とコメント。ジョニーは米The Washington Post紙に掲載されたアンバーのオピニオン記事が名誉棄損であると訴えており、2人は今後米国での裁判も予定しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響