ニュース
» 2020年11月04日 10時45分 公開

三浦春馬さんが主演予定だったミュージカル「イリュージョニスト」が上演決定 代役に海宝直人「春馬さんの想いも胸に」

海宝さんが当初演じる予定だった皇太子役には成河さんを起用。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 7月に逝去した俳優の三浦春馬さんが主演予定だったミュージカル「The Illusionist-イリュージョニスト-」が、2021年1月後半に日生劇場(東京)で上演されることが分かりました。三浦さんが演じるはずだったアイゼンハイム役には、当初皇太子役だった海宝直人さんが代役するとのことです。


三浦春馬 舞台 イリュージョニスト 上演 ミュージカル 海宝直人 三浦さんに変わってアイゼンハイム役を演じる海宝さん(画像はミュージカル「イリュージョニスト」公式サイトから)

 2019年に行われた同作のワークショップで、英国のクリエイター陣と熱く議論を交わすなどして作品や役への理解を深めていたというキャストたち。上演決定の発表に際し、三浦さんが情熱を注いでワークショップに取り組んでいたことが明かされ、公式サイトでは「本作が三浦さんの想いと共に世界に羽ばたくための第一歩として上演を決定いたしました」と伝えています。

三浦春馬 舞台 イリュージョニスト 上演 ミュージカル 海宝直人 6月に情報解禁された際の三浦さんの投稿(画像は三浦春馬Instagramから)

 再始動となる「イリュージョニスト」では、海宝さんの幻影師(イリュージョニスト)アイゼンハイム役に加え、皇太子役には成河さんを起用。他のメインキャストである公爵令嬢ソフィ役の愛希れいかさん、ウール警部役の栗原英雄さん、興行主ジーガ役の濱田めぐみさんは当初の予定通りの配役となります。

三浦春馬 舞台 イリュージョニスト 上演 ミュージカル 海宝直人 キャスト陣。左から濱田さん、成河さん、海宝さん、愛希さん、栗原さん(画像はミュージカル「イリュージョニスト」公式サイトから)

 主役を演じることになった海宝さんは、ワークショップで三浦さんと言葉を交わしたことを思い返し「台詞のやりとりをした事は俳優としてかけがえのない経験です」とコメント。さらに、「この作品に並々ならぬ努力と情熱と愛情を注いでいた春馬さんの想いも胸に、カンパニー一丸となって、この作品を最高の形で皆様にお届けできるように全力で作品と向き合っていきたいと思います」と上演に向けての思いを伝えていました。

 この決定に、ファンからは「もう納得しかないキャスティング」と称賛する声や「よかった 本当に本当に楽しみにしています」と喜ぶ声も。他にも、三浦さんのファンからは「春馬くんの想いを受け止めてくれていた方は応援したい」「寂しい思いは拭えないけど、応援したいです」というエールもあがっています。

海宝直人さんのコメント

現在、世界中が困難な状況に置かれる中、演出家のトム・サザーランドさんをはじめ、クリエイターの皆さんが歩みを止めず、ブラッシュアップを重ねて創り上げてきた今作。トムさんとリモートでお話をさせていただいた際に、この「イリュージョニスト」を今出来る最高のクオリティでお客様にお届けするのだという演出家としての強い意志、情熱を改めて感じ、もし今の自分に出来ることがあるのなら全力でそれに臨むべきなのではないだろうかという思いになりました。この作品は、海外でワークショップが重ねられ、昨年には日本でもクリエイターチーム、そして俳優が集い、歌稽古や台詞の読み合わせなどのワークショップが行われました。その場で生まれたアイディアが実際に形となり、作品がより深く進化していく過程はとても刺激的で、新作をまさに今この瞬間生み出しているのだという熱気に満ち溢れていました。短い時間ではありましたが、そのワークショップで三浦春馬さんと言葉を交わし、台詞のやりとりをした事は俳優としてかけがえのない経験です。この作品に並々ならぬ努力と情熱と愛情を注いでいた春馬さんの想いも胸に、カンパニー一丸となって、この作品を最高の形で皆様にお届けできるように全力で作品と向き合っていきたいと思います。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ