ニュース
» 2020年11月04日 15時05分 公開

“生きるか死ぬか”のアイドルオーディション映画、シリーズ最新作が公開決定 BiSH、BiS、豆柴の大群も出演

タイトルは「らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-」

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 女性グループ「BiSH」「BiS」「豆柴の大群」などが所属する音楽事務所「WACK」によるアイドルオーディンション映画「らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-」が、2021年1月15日に公開されることが発表。特報映像も公開されました。

【特報】映画『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』WACKオーディションドキュメンタリー2021年1月15日(金)公開

 同作は、毎年3月に開催される1週間のアイドルオーディション合宿を記録したドキュメンタリー映画。合宿には約20人の候補者の他、BiSHやBiS、豆柴の大群などWACK所属女性グループの選抜メンバーが指導役として参加。ニコニコ生放送でも毎日24時間配信され続け、約270万人の来場者数を記録しました。映画では生配信されなかった映像の中から、ひと際目立つ2人の少女にフォーカスしていきます。

 らいか ろりん すとん IDOL AUDiTiON BiSH BiS 豆柴の大群 映画
 らいか ろりん すとん IDOL AUDiTiON BiSH BiS 豆柴の大群 映画

 監督を務めるのはこの合宿ドキュメンタリーシリーズの過去作を手掛けた岩淵弘樹さん。さらに、AV界の奇才・バクシーシ山下さん、数多くのアーティストの映像作品の監督を務めるエリザベス宮地さんも加えた3人監督体制となります。


BiSH  セントチヒロ・チッチ  豆柴の大群 ナオ・オブ・ナオ 「豆柴の大群」ナオ・オブ・ナオ

 同シリーズ前作にあたる映画「IDOL あゝ無情」では、「WACKアイドルをより応援したくなった」という声の他、アイドルの厳しさや内情を赤裸々に描いた内容に衝撃を受けたという反応も数多く見られました。今作についてWACKプロデューサーの渡辺淳之介さんは、「コロナ禍とはまた違ったタフなある種生きるか死ぬかのシチュエーションの中、必死にもがき苦しみそして、希望を見出す姿は共感できる方もたくさんいるのではないかと思います」とコメントしています。

(C)WACK INC.

五月アメボシ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10