ニュース
» 2020年11月07日 17時41分 公開

アン・ハサウェイ、“3本指の魔女”役の主演映画における身体描写めぐり「がっかりさせて、ごめんなさい」(1/2 ページ)

身体の違いに対する偏見を広げないために。

[辻英実,ねとらぼ]

 映画「プラダを着た悪魔」や「マイ・インターン」で知られる英女優のアン・ハサウェイが11月5日、Instagramを更新。12月4日から日本で公開予定の映画「魔女がいっぱい」の身体描写へ寄せられた批判に謝罪しました。

アン・ハサウェイ 魔女がいっぱい 身体描写 手足の違い #NotAWitch 謝罪 ラッキー・フィン・プロジェクト 謝罪の気持ちをつづった投稿(画像はアン・ハサウェイ 公式Instagramから)

 同映画は、英作家のロアルド・ダール原案の同名の児童書を映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などで知られるロバート・ゼメキス監督で映画化したファンタジー映画。アンは、人間のふりをしながら邪悪な魔法を使う大魔女のグランド・ウィッチとして主演を務めています。

アン・ハサウェイ 魔女がいっぱい 身体描写 手足の違い #NotAWitch 謝罪 ラッキー・フィン・プロジェクト 映画のメインビジュアル(画像は映画「魔女がいっぱい」公式Instagramから)

 同映画のトレイラーでは、魔女の指は3本しか生えておらず、指が全てくっついたつま先や、耳まで裂けた口なども見られました。このような身体描写に対し、SNS上では「手足などの身体の違いを異常だとか、怖がるもののように扱っている」と批判が巻き起こりました。生まれつきに手や指がない人、失った人々が「#NotAWitch(魔女ではない)」というハッシュタグとともに、自身が偏見によって受けた苦しみを告白しています。

アン・ハサウェイ 魔女がいっぱい 身体描写 手足の違い #NotAWitch 謝罪 ラッキー・フィン・プロジェクト 問題となっている魔女の身体描写(画像はアン・ハサウェイ 公式Instagramから)

 5日の投稿でアンは、「映画中の魔女の描写によって、多くの身体に違いのある人々、特に子どもたちが苦しめられていることを知りました」と切り出し、大魔女の容姿のデザインを受け取った際には、手足の違いに結び付けて考えもしなかったと説明しました。

 他人の感情や経験に敏感であろうと努めてきたと前置きした上で、アンは「心から多様性を尊重し合うことを信じ、残酷さを憎む人間として、皆さんに与えてしまった痛みを謝りたい。本当にごめんなさい」とし、特に手足に違いを持つ子どもたちとその家族に向けて、「私が我が子を愛するように、皆さんのことを強く愛している全ての人たちにも謝りたい。皆さんの家族をがっかりさせて、ごめんなさい」と謝罪しました。


 この投稿とともにアンは、手足の違いに関する理解を発信する非営利団体「ラッキー・フィン・プロジェクト」の動画を共有。動画では、大人から子どもまで、さまざまな年齢・職業の人々が「私は自分の手を隠したりしない」「あなたと同じ人間だ」と宣言しています。アンはファンに向けて、「このプロジェクトと、ハッシュタグ#NotAWitchの投稿を見て、手足の違いに対して必要とされている包括的な視点を知ってほしい」と呼びかけています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響