ニュース
» 2020年11月09日 15時00分 公開

うぉぉぉ「SL三重連」も計画! 東武「SL大樹」に元真岡鐵道のSLが仲間入り SL2機体制12月26日から(1/2 ページ)

「ボロッボロだったあの子」も2021年冬復元完了予定、車両番号が決まりました。

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 東武鉄道が元真岡鐵道の「C11 325号機」を用い、12月26日からSL大樹をSL2機体制で運行すると発表。併せて、別途復元中のSL車両も車体番号を「C11 123」に決定したと告知しました。

東武 SL 大樹 日光 鬼怒川 C11 325号機(画像:東武鉄道)

 C11 325号機は真岡鐵道で2019年12月まで運行していた車両。2020年7月に東武鉄道が譲り受けて、東武線内で走れるよう整備を進めていました。

 SL大樹は鬼怒川エリアの人気観光列車ですが、SLは古い車両であるがゆえ既存C11 207号機の1機だけでは限界があり、年に数カ月間は検査と整備のために運行を停止していました。また、意図しない故障などもあり得ます。それを補佐するようにディーゼル機関車(DL)による「DL大樹」も運行しています(関連記事)

 2機目となるC11 325号機の投入により、SL大樹は念願だったSLの2機体制が実現。「年間を通してSLを楽しめるようになる」と期待が集まります。

 SL2機体制はまず、2020年12月26日と27日、2021年1月1日〜3日、1月9日〜11日に実施し、1日8本(!)のSL大樹を運行します。そして、2021年夏から毎日運転を予定します。

 運行開始に先駆けて、12月6日にC11 325号機とC11 207号機を連結した「SL重連」で特別運行します。おぉぉ!

東武 SL 大樹 日光 鬼怒川 既存C11 207号機との「重連」共演も楽しみ
東武 SL 大樹 日光 鬼怒川 SLのサポート役であるDE10型ディーゼル機関車(画像=左)や14系客車の活躍にも注目(画像:呼んでる渋沢)

「ボロッボロだったあの子」の車両番号も決定「C11 123号機」に 「黒い三重連」も想定

 また、2018年11月に譲り受け、「ぼろっぼろ」な状態から復元作業を進めていたSL車両(関連記事)は、車両番号が「C11 123号機」に決まりました。

 3機目のSL大樹として運行できると一定の目星が付いたと推測され、2021年冬に復元が完了する予定としています。

東武 SL 大樹 日光 鬼怒川 復元中のSL。かつて「江若鉄道C11 1」という車番だった

 C11 123とした車両番号は、2020年に東武鉄道が創立123周年を迎えること、また国内で(2020年現在)唯一同一形式のSLによる3機体制になることから「1→2→3(ホップ、ステップ、ジャンプ)」の飛躍と期待を込めたものだそうです。C11 123はかつて国鉄時代に存在し、愛知県と石川県、北海道で1930年代から1960年代にかけて活躍していた記録が残っていますが、現時点では廃車となっています。

 そして、東武鉄道はSL3機体制となった暁には「SL三重連」も計画しています。営業路線における日本でのSL三重連運行は2001年に大井川鐵道で運行したのが最後とされます。SLが3両並んでガッシュガッシュと走る姿……大迫力間違いなしの光景でしょう。今から楽しみですね。




【訂正 2020年11月11日10時】初出時、一部に説明が足りない記述がありました。お知らせいただきました読者の方、誠にありがとうございます。お詫びして訂正いたします

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」