ニュース
» 2020年11月09日 18時30分 公開

ついに熱帯魚が「ポケモン」クリア バシャーモを逃がしたり、バグを見つけたり、3195時間のカオスな冒険が終了

決め手はトドゼルガのアイスボールでした。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 熱帯魚に「ポケットモンスター サファイア」をプレイさせる壮絶な企画が、ついに完結を迎えました。プレイ開始から3195時間目、魚たちはチャンピオンのダイゴに勝利し、ついに殿堂入りを果たしたのです。魚が一番強くてすごい!



殿堂入り 殿堂入りの瞬間と、プレイヤーの熱帯魚(画面右枠)。おめでとう! お疲れ様でした!!

 YouTubeチャンネル「むてきまるちゃんねる」が、6月から続けてきたこの挑戦。熱帯魚のベタが水槽内を泳ぐと、その位置に応じてゲームのボタン入力がなされるシステムにより、ポケモンのクリアを目指してきました。

 600時間かけて育てたバシャーモを野に放ってしまったり、珍しいバグを発見したりといった珍事(関連記事12)を経て、開始から3046時間目で熱帯魚はようやく四天王戦へ突入。しかしさすがの最終局面、魚の気まぐれプレイではなかなか勝ち切れず、16連敗を喫してしまいます。

 こうして迎えた17回目の挑戦、手持ちのポケモンはドククラゲ(レベル76)、トドゼルガ(レベル71)、グラエナ(レベル71)、オオスバメ(レベル74)、ライボルト(レベル72)、バクーダ(レベル67)。対戦相手を大きく上回るレベルで技量不足を補い、勝ち進んでいきます。


殿堂入り パワープレイで乗り切る魚さん

 しかし、一行は4人目のドラゴン使い・ゲンジに大苦戦。フライゴンに次々と倒され、手持ちは1匹となってしまいます。しかし、ここで最後に残ったトドゼルガが大活躍。ドラゴンタイプにこうかばつぐんの氷わざをバシバシ決め、劣勢から一気に巻き返します。


殿堂入り 大ピンチだけど……

殿堂入り ドラゴン・じめんタイプに4倍撃の氷技で大逆転 ※11月9日23:02修正:フライゴンのタイプを「ドラゴン・ひこう」と記載しておりましたが、正しくは「ドラゴン・じめん」です。大変失礼いたしました。

 そしてとうとう最後の戦い。トドゼルガは常に先手を取ってチャンピオンのポケモンを次々と倒し、反撃をほぼ受けずに完勝しました。長きに渡る挑戦の達成に、Twitterでは「おめでとう&お疲れ様でした」「お魚たちの冒険、見ててとても元気が出ました」「本当に楽しかったし、生活の一部になっていました」と、祝福やねぎらいの言葉が多数寄せられています。


殿堂入り いざチャンピオン戦へ

殿堂入り 当たるたびに攻撃力が上がる連続攻撃「アイスボール」が勝負のカギに

殿堂入り 相性の悪さをものともせず、積み重なった威力で最後のメタグロスを一撃

殿堂入り 魚がチャンピオンに認められた瞬間

 魚の体調に配慮して整備された飼育環境の下に、4尾が交代で臨んだこの挑戦。投稿主は企画を振り返り、「1匹も欠けることなく終わりを迎えることができた点が一番にうれしい」と述べています。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響