ニュース
» 2020年11月12日 19時00分 公開

おごりたいお坊ちゃまvs絶対におごってくる彼女 譲れない戦いを描いた漫画の結末が予想外にいい話

愛の形は人それぞれ。

[林美由紀,ねとらぼ]

 デートで絶対にお金を出させてくれない彼女の謎とは……漫画「彼女がお金を払ったら」がかわいいだけでなく、なんだかちょっと共感できます。作者は三月病(@3_byou_)さん。


彼女がお金を払ったら09 彼女のためにお金を払いたいのに払わせてくれないお話

 運転手付きの車に乗ったお坊ちゃまが「彼女がお金を払わせてくれない」とつぶやきます。そこから始まる彼と彼女のお話。


彼女がお金を払ったら01


彼女がお金を払ったら02

 お坊ちゃまの彼女は財閥の令嬢で女神のような女性です。しかし、デートのお会計の時の彼女は、さながら気高い戦の女神のよう。


彼女がお金を払ったら03


彼女がお金を払ったら04

 財布を持った彼女は風より早く、映画館やレストランでも気が付けば支払いを済ませてくれ、お坊ちゃまに絶対払わせないという意志……それどころか殺意すら感じるのだといいます。


彼女がお金を払ったら05

 その話を聞いたお坊ちゃま付きの運転手は「ところで女性って興味ない男には借りを作りたくないらしいですよ」と辛らつな意見。それでもお坊ちゃまはへこたれず、「お金は自分の愛情表現だ 今日こそは絶対に払ってみせるさ!」と意気込んでデートに向かいます。


彼女がお金を払ったら06

 しかし、デートを終えたお坊ちゃまを運転手が迎えに行くと「だめだった〜」と胸元にセクシーにお金がねじりこまれたお坊ちゃまが泣きながら立ち尽くしていたのでした。今回も、スマートにお金を払えなかったみたいです。


彼女がお金を払ったら07

 帰りの車中で、自分はお金だけが取柄でお金こそが愛なのに払わせてもらえない……彼女は自分に借りを作りたくないのかも、本当は自分のことを好きじゃないのかも……と乱心するお坊っちゃま。


彼女がお金を払ったら08

 さすがにかわいそうだと思った運転手が車内にばらまかれたお金を片付けていると、「愛させてくれてありがとう」という彼女からのメッセージカードを見つけます。それを見て、お坊っちゃまと彼女が似た者同士であることに気付いた運転手は、解決案を伝えようと傷心の坊ちゃんを探すのでした。

 そう、お坊ちゃまの愛情表現はお金を払うこと。一方、彼女の方もお金を払うことが愛だと思っていたのです。

 一見偏った愛のようにも見えますが、アイドルなど自分の推しに「お金を使わせてくれてありがとう」と思う人もいるように、お金をつぎ込むことが愛、という思いは意外とあるあるなのかもしれません。

 お坊ちゃまたちは、割り勘ができればお互いの愛がもっと深まるかもしれませんね!

 この漫画の読者からは「愛が溢れている…気高い矜持を持つ彼女と傲慢…でないけど天狗な彼…割り勘、折半で一緒に支払う日も遠くないでござる」「女の子視点がみたい…みたい…!!!」「運転手は言葉の中にあの二人にはお金の中にそれぞれの愛のかたちが良いですね」など2人の絶妙な関係へのコメントが寄せられています。

画像提供:三月病(@3_byou_)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響