ニュース
» 2020年11月17日 17時51分 公開

イエスを殺したのは誰だ! キリスト新聞社が“推薦”する新作ゲームが「まさかの禁書」

禁書の理由は察してください。

[だいごろう,ねとらぼ]

 聖書を題材としたゲームシリーズ「聖書コレクション」に、マーダーミステリーの「最後の晩餐の殺人」が加わりました。殺人事件の被害者は教科書にも載っている超有名なあの人……!?


最後の晩餐の殺人

最後の晩餐の殺人 密談、カードなしで初心者でも分かりやすい

 「最後の晩餐」で、弟子たちに「あなたがたのうちの一人が私を裏切ろうとしている」と告げたイエス。しかし、イエスはその夜殺されてしまいました。プレイヤーたちは登場人物のペトロ、ヨハネ、イスカリオテのユダ、小ヤコブ、マクダラのマリアのうち1人を担当し、それぞれの立場で話し合いながら、事件の謎を解明していきます。


最後の晩餐の殺人最後の晩餐の殺人 1人につき前半と後半(ゲツセマネ)で2枚のキャラクターシート。楽しさも悩みも2倍(画像はBOOTHの販売ページより)

 殺人事件と推理を主軸としたマーダーミステリーは、人狼とテーブルトークRPGを融合したような心理戦を味わいながら、プレイヤー同士で物語を作り上げ体験するゲーム。今作では聖書の中でも重要な出来事「最後の晩餐」を舞台に、推理バトルを繰り広げます。

 モーセを召喚して聖書をハントする「バイブルハンター」(関連記事)、キリストやダビデら擁する「夢の球団」で対戦する「バイブルリーグ」(関連記事)、など「聖書コレクション」シリーズ7作を展開してきたキリスト新聞社ですが、今作は同社名義の発行を見送らざるを得なかったとのこと。内容には変更がなく「いのふぇす実行委員会」より出版し、キリスト新聞社が“推薦”する形で販売します。

 購入はマーケットプレースの「BOOTH」から、販売価格は銀貨30枚にちなみ3000円(税込)です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む