ニュース
» 2020年11月18日 17時00分 公開

3次元空間でぬるっと動く 「トムとジェリー」実写とアニメを融合した新作が、お約束満載で新しくて懐かしい

クロエ・グレース・モレッツがアニメキャラと共演。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 おっちょこちょいの猫と、頭がキレるネズミが繰り広げるドタバタ劇を描いたアニメ「トムとジェリー」が新作映画で部分的に実写化。11月18日、予告編がSNSやYouTubeで公開されました。3次元のニューヨークをアニメキャラが駆け回る、実写とアニメのハイブリッド映画にネットがざわついています。

“世紀の結婚式”を控えた高級ホテルで、壮大な追いかけっこ

 1940年の第1作リリースから、かれこれ半世紀以上にわたり追いかけっこを繰り返してきた2匹。予告は彼らがついに和解を果たそうとする場面からスタートしますが、そう素直にいくはずもなくニューヨークの高級ホテルへ居を移したジェリーが、従業員を巻き込んでトムをひたすら手玉に取りまくるストーリーとなっています。ですよね。

 同作のキーとなっているのは実写とアニメの“融合”。フルCGで実写と見間違う映像美を誇るリメイクを成功させた「ライオン・キング」や、役者を癖の強い猫にCGで変身させたミュージカル映画「キャッツ」などが話題になった一方で、「トムとジェリー」はアニメはアニメ、実写は実写と潔く二分化路線を貫いています。「キック・アス」シリーズのクロエ・グレース・モレッツが実写パートに起用される一方で、トムとジェリーはアニメのまま登場することとなりました。

トムとジェリー アニメ 実写 CG 映画 新作 ワーナー クロエ・グレース・モレッツ マイケル・ペーニャ ネズミ対策係に任命されたクロエとジェリー(画像はYouTubeから)
トムとジェリー アニメ 実写 CG 映画 新作 ワーナー クロエ・グレース・モレッツ マイケル・ペーニャ いつものやつ(画像はYouTubeから)

 ネズミ対策を任されたホテルスタッフ・クロエの足元を、おなじみの2次元キャラが駆け回るシーンはなんともシュール。バスにはねられたトムがぺちゃんこになったり、壁に空いた入り口がずらされたり、物理の法則を無視したお約束が再現されています。ジェリーがクロエへ手紙を手渡すシーンでは、ジェリーが持っていたときは絵だったはずのアイテムが、クロエに渡った瞬間から立体的なものに変化。「うわっ細かい」というせりふは作品へのツッコミでしょうか。

トムとジェリー アニメ 実写 CG 映画 新作 ワーナー クロエ・グレース・モレッツ マイケル・ペーニャ 読めるのだろうか(画像はYouTubeから)

 予告編を見たTwitterユーザーは動揺を隠せない様子で「ジェリー、AirPods使っているのか」と現代社会を反映した細かい背景へのツッコミも。「なんじゃこりゃ」との拒否感も一部に見られたものの「2Dと実写が見事に融合している」と感心したファンは「小さいころを思い出す」と変わらない“トムジェリ”感を楽しんだとコメントしています。またフル実写化という道を選ばず「リアルな動物を起用しなかったことに感謝したい」とアニメのままのキャラを使ったことにほっとしたというツイートも見られました。

関連キーワード

実写 | アニメ | 映画 | YouTube | 予告 | 3D | | Twitter | 二次元 | 動物


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10