ニュース
» 2020年11月18日 19時00分 公開

これすげぇかも!! 古き良きアメ車を「デザインそのまま」EVに シボレーから「K5 ブレイザーE」登場(1/3 ページ)

ガチなアメ車を「EVへチェンジ」できるキットが2021年後半に登場するようです。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 米ゼネラルモーターズ(GM)は10月29日(現地時間)、コンバートタイプのEV(電気自動車)「K5 ブレイザーE」をオンラインショー「SEMA 360」で披露しました。

シボレー「K5ブレイザーE」(写真:シボレー、以下同) シボレー「K5ブレイザーE」(写真:シボレー、以下同)

 シボレー・K5ブレイザーは、アメ車らしい大柄でごっついボディーに、高い実用性や走行性能を備えたフルサイズSUVです。

 今回披露した「K5 ブレイザーE」は、1977年製K5ブレイザーの車体や武骨なごっついデザインをそのままに「EV化」したもの。大きな6.6リッターV8エンジンとトランスミッションを取り外し、新たにシボレーのEV「ボルトEV」に採用する電動パワートレインに置き換えて実現します。当時のデザインのまま/既存車種のまま、パワートレインを最新に置き換えた──のがポイントです。

内装もK5ブレイザーそのまま 内装もK5ブレイザーそのまま
ボンネットの中にはシボレーの電気自動車「ボルトEV」のモーターを搭載 V8エンジンを取り外し、ボルトEVの電動ユニットに換装
荷室には60kWhのバッテリーを搭載 荷室に60kWhのバッテリーを搭載

 先日、光岡自動車が古き良きアメ車風デザインのSUV「Buddy」(関連記事)を発表し「カッコイイ!」と話題になりましたが、こちらは本物の「1970年代のガチなアメ車」です。

 実はこのK5ブレイザーEは、GMが2021年後半に投入予定とするEVコンバージョンキット「エレクトリック コネクト&クルーズパッケージ」のデモカー。このキットにより、既存のエンジン車を、車体デザインはそのままに比較的容易かつ安価にEV化できるようになるとうたいます。

 エレクトリック コネクト&クルーズパッケージの価格や詳細、日本展開の有無などは不明。しかし、「旧車のデザインや雰囲気をそのままに、パワートレインやエコ性能を最新に」となるメーカー公式のEVコンバージョンキットが出るならば、「オッ!」と思う人も多そうです。



フォトギャラリー

シボレー「K5ブレイザーE」(写真:シボレー、以下同) 内装もK5ブレイザーそのまま ボンネットの中にはシボレーの電気自動車「ボルトEV」のモーターを搭載 荷室には60kWhのバッテリーを搭載 シボレー「K5ブレイザーE」(写真:シボレー、以下同) シボレー「K5ブレイザーE」 シボレー「K5ブレイザーE」 シボレー「K5ブレイザーE」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」 シボレー「ブレイザー」
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.