ニュース
» 2020年11月19日 20時08分 公開

Apple、小規模事業者のApp Store手数料率を緩和 前年の収益が100万ドル以内ならば半減の15%に

新規事業者にも適用されます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Appleが小規模なアプリ事業者向けの「App Store Small Business Program」を発表しました。前年の収益が100万ドル以内の事業者に対し、App Storeの手数料率を15%(標準は30%)に減額するものです。


Apple

 プログラムの実施は2021年1月1日。同年においては、2020年の収益が合計100万ドル以内の既存事業者および、新規にアプリ配信を計画している事業者が、手数料の引き下げ対象となります。ただし当年内に収益が100万ドルを超えた場合、残りの期間は標準の手数料率が適用されます。


Apple 大まかなプログラムの利用条件

 App Storeの高い手数料率をめぐっては、Epic Gamesとの係争が発生(関連記事)。ゲーム「フォートナイト」がアプリ内から独自ストアへと誘導する規約違反を行い、同タイトルがストアから削除される事態に発展しました。Epic Game CEO、Tim Sweeney氏はAppleの施策をある程度評価しながらも、「AppleはApp Storeにおける収益の5%程度の事業者にだけ特別な条件を与えつつ、市場独占を維持しようと巧みに計算している」と批判を続けています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.