ニュース
» 2020年11月20日 21時04分 公開

『建築知識12月号』新型コロナに負けない建築とは? 大川ぶくぶさんの表紙は今号でラスト

新生活様式に合わせた建築を取り扱います。

[関口雄太,ねとらぼ]

 エクスナレッジは建築専門誌『建築知識』12月号を11月20日に発売しました。「新型コロナに負けない 建築の性能と間取り」をテーマに、建築の視点から感染症対策を紹介しています。表紙は今号でラストとなる大川ぶくぶさん。


感染症を防ぐ住環境を研究者らの知見をもとに解説 『建築知識12月号』は新型コロナに負けない建築を特集 大川ぶくぶさんのイラストを使用した表紙は12月号で最後

 建築家や研究者の知見をもとに、新しい生活様式を取り入れた設計を解説。「従来の換気量の基準値は、感染対策に有効か?」「空間に適した換気方法を選ぶ」など、新型コロナ流行以後の建築の在り方について図説付きで考えます。玄関と移住空間のつなげ方を検討することで、家にウイルスを持ち込まない仕組みを考案するなど、今までと違った視点で建築の設計を見直すアイデアを掲載。


感染症を防ぐ住環境を研究者らの知見をもとに解説 『建築知識12月号』は新型コロナに負けない建築を特集 新型コロナが感染する仕組みや症状を再確認できる

感染症を防ぐ住環境を研究者らの知見をもとに解説 『建築知識12月号』は新型コロナに負けない建築を特集 適切な換気のあり方を検討する

感染症を防ぐ住環境を研究者らの知見をもとに解説 『建築知識12月号』は新型コロナに負けない建築を特集 ウイルスを家に持ち込まない

感染症を防ぐ住環境を研究者らの知見をもとに解説 『建築知識12月号』は新型コロナに負けない建築を特集 家庭内感染を防ぐ

 テレワークのためのスペースをどう設けるかといった建築の考え方だけでなく、スマートグラスを活用した遠隔現場確認やデスク周りの環境など、スムーズに仕事を進めるためのITツール活用術にまで踏み込んで紹介します。


感染症を防ぐ住環境を研究者らの知見をもとに解説 『建築知識12月号』は新型コロナに負けない建築を特集 テレワーク用のスペースを作る

感染症を防ぐ住環境を研究者らの知見をもとに解説 『建築知識12月号』は新型コロナに負けない建築を特集 飲食店の新しいかたち

感染症を防ぐ住環境を研究者らの知見をもとに解説 『建築知識12月号』は新型コロナに負けない建築を特集 抗菌素材などを紹介

感染症を防ぐ住環境を研究者らの知見をもとに解説 『建築知識12月号』は新型コロナに負けない建築を特集 ITツールを活用したテレワーク術

 サイズはB5判で、価格は1564円です(税別)。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10