ニュース
» 2020年11月23日 21時00分 公開

「迫っているんだ 娘と過ごせる時間のタイムリミットが―」 医療現場の実話をもとにした「医療マンガ大賞」受賞作品が決定(1/2 ページ)

審査員はこしのりょうさん、おかざき真里さんら。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 横浜市により開催された「第2回 医療マンガ大賞」で、受賞作品が決定しました。今年は9月17日から10月15日までに応募された78本の作品から、大賞1作品及び入賞8作品が受賞作品として選ばれています。


第2回 医療マンガ大賞 マンガ家や医師などが審査員をつとめました

 「医療マンガ大賞」は横浜市により、患者や医療従事者、それぞれの視点からのマンガにより、互いの視点の違いに気づき、共感を促すために2019年から開催されています。第2回目の今年は、協力企業との連携で作られた、新型コロナ対策に取り組む医療従事者の想いをテーマにしたものなど9つのエピソードを原作とし、医療マンガを投稿する企画です。

 今年大賞に選ばれたのは、ちえむさんの作品。がん患者の治療に対する戸惑いや家族への思いからなるエピソード「人生の最終段階−事例A」を、患者の視点で柔らかなタッチのマンガに仕上げています。


第2回 医療マンガ大賞 大賞は「人生の最終段階-事例A」を患者視点で描いたちえむさん(『医療マンガ大賞2020』公式サイトより)

 現役を退き、嘱託社員としてのんびり働いていた「私」。しかし、膵臓がんになっていることがわかります。新薬での治験を求めて大学病院に転院するも、主治医から緩和ケアをすすめられ、「治験をやめたら、死んでしまうじゃないか」と叫んでしまいます。新薬や最新の治療法だけにこだわっていた「私」ですが、がん看護専門看護師と家族の話をするうちに……。


第2回 医療マンガ大賞 のんびり働いていくつもりだったのに……(『医療マンガ大賞2020』公式サイトより)


第2回 医療マンガ大賞 生きることをあきらめたくない。なんとしてでも治したい!(『医療マンガ大賞2020』公式サイトより)


第2回 医療マンガ大賞 しかし、治療は思うようにいきません(『医療マンガ大賞2020』公式サイトより)

 「医療マンガ大賞」では漫画家や医師などが審査員をつとめました。こしのりょうさんは「シビアな原作でしたが、あたたかな絵により抵抗なく読ませてもらいました。また、情報の多さをうまく省略できたのも読みやすさに繋がっていると思います」とコメント。


第2回 医療マンガ大賞 「Ns’あおい」「町医者ジャンボ」「はなうた」など数々の医療マンガを手掛ける、こしのりょうさん

 おかざき真里さんは「絵柄もやさしく読者を救ってくれるような暖かさがあった。作り過ぎず素直に表現されていて医療マンガのひとつの回答のような感じがしました」と評価しています。


第2回 医療マンガ大賞 「月刊!スピリッツ」で『阿・吽』、「FEEL YOUNG」で『かしましめし』を連載中のおかざき真里さん

 ウェブ上で情報発信する医師・山本健人さんも、「一見すると重くなりがちなテーマが、爽やかなタッチでストレートに伝わる素晴らしい作品でした」 と講評しました。


第2回 医療マンガ大賞 「外科医けいゆう」のペンネームで情報発信する医師・山本健人さん

 入賞を果たしたのは以下の8作品。「人生の最終段階−事例A」を医療従事者の視点で描いたばつさん、全身まひの男性と介護従事者との関わりがテーマの「人生の最終段階−事例B」を描いた、たむら蓮々さん(患者視点)とmekamekaさん(従事者視点)、患者と医師との薬をめぐる「コミュニケーションの難しさ」では、ともへさん(患者視点)とワダシノブさん(医療従事者視点)、新型コロナ感染拡大の中奮闘する「2020年の医療現場」を描いたはな奈さん(医師視点)、戸山知子(しるこ)さん(看護師視点)、医師が研修中に体験した「心がふるえたエピソード」を描いたchikuさん(医師視点)です。


第2回 医療マンガ大賞 「人生の最終段階−事例A」ばつさん(従事者視点)


第2回 医療マンガ大賞 「人生の最終段階−事例B」たむら蓮々さん(患者視点)、mekamekaさん(従事者視点)


第2回 医療マンガ大賞 「コミュニケーションの難しさ」ともへさん(患者視点)、ワダシノブさん(従事者視点)


第2回 医療マンガ大賞 「2020年の医療現場」はな奈さん(医師視点)、戸山知子さん(看護師視点)

第2回 医療マンガ大賞 「心がふるえたエピソード」chikuさん(医師視点)

 受賞作品および特別賞の13作品は、特設WEBサイト内で全編公開されています。さらに、昨年の医療マンガ大賞の作品を読むことも可能です。

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる