ニュース
» 2020年11月24日 13時30分 公開

『ホリミヤ』実写映画化&テレビドラマ化決定 原作者スルーにTwitterの反応は散々「リスペクトが感じられない」(1/2 ページ)

原作者との関係をファンが不安視。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 個性豊かな高校生の日常を描いたコミック『ホリミヤ』の実写化が、11月23日に発表。2021年2月5日からの劇場版公開と、同月16日から連続ドラマとしてTBS系で放送されることが明らかになりました。旬の若手俳優が起用され盛り上がる一方で、原作ファンはSNSを通じ「リスペクトが感じられない」と複雑な心境を吐露しています。

ホリミヤ 堀さんと宮村くん HERO 萩原ダイスケ 実写 映画 劇場版 公開 ドラマ 松本花奈 監督 キャスト 鈴鹿央士 久保田紗友 宮村役に鈴鹿央士さん、堀役に久保田紗友さん

 『ホリミヤ』は『月刊Gファンタジー』で連載中のHEROさんが原作、萩原ダイスケさんが作画を担当する人気漫画で、オリジナルはHEROさんが作画まで手掛けたWebコミック『堀さんと宮村くん』。性格が全く異なる高校生の男女がふとしたきっかけでお互いの意外な一面を知り、仲を深めていくというストーリーとなっています。

ホリミヤ 堀さんと宮村くん HERO 萩原ダイスケ 実写 映画 劇場版 公開 ドラマ 松本花奈 監督 キャスト 鈴鹿央士 久保田紗友 原作『ホリミヤ』(画像はAmazon.co.jpから)

 実写版では主演の宮村伊澄役に鈴鹿央士さん、ヒロインの堀京子役に久保田紗友さんが起用。2人はともに2000年生まれの20歳で、監督を務める松本花奈さんも1998年生まれの22歳と登場人物に近い世代。フレッシュな作品造りが期待できそうです。


 しかしTwitter上で見られるファンの反応は芳しいものばかりではなく、実写公式アカウントが記事執筆時点で主演2人と制作サイド2人、アニメ版公式のみフォローし、原作者らをフォローしていないことには批判の声も。「一番にすべきでは」「俳優よりまず作者達をフォローしよう」「原作へのリスペクトが全く感じられない」など実写版の姿勢を疑問視するツイートが数多く見られました。

 さらにHEROさん、萩原さんも現時点までに実写化の話題をTwitterで言及しておらず「(2人が)微塵もRTとか反応示してない」「作者の方も話題にしていなくて嘘なんじゃないかって思えてくる」と両者の関係を危惧する声も。一方で実写化をさらなる人気獲得のチャンスと好意的に捉えるコメントや、特にキャストに対し厳しい意見を公式アカウントに直接ぶつける行為についてマナーを問うファンも一部には見られました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙