ニュース
» 2020年11月24日 18時00分 公開

キレッキレの過激仕様 ランボルギーニから公道走れるレーシングカー「ウラカンSTO」日本で発売(1/3 ページ)

消費税だけで375万円だぜ……。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 アウトモビリ・ランボルギーニ(以下、ランボルギーニ)は11月19日(現地時間)、主力スポーツモデル・ウラカンの進化型モデル「ウラカンSTO」を発表しました。

ランボルギーニ「ウラカンSTO」(写真:ランボルギーニ、以下同) ランボルギーニ「ウラカンSTO」(写真:アウトモビリ・ランボルギーニ、以下同)

 ウラカンは、V10エンジンを搭載するランボルギーニの主力スポーツモデル。今回登場するウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)は、サーキット専用車両「ウラカン スーパートロフェオEVO」やGT3レース向け車両「ウラカン GT3 EVO」の性能や仕様、技術をフィードバックし、迫力ありまくりのサーキット仕様ルックスや性能をほぼそのままに公道走行対応としました。

 具体的には、街乗りでも使いつつ、週末はサーキットまで自走してそのままサーキットで性能を解き放つ──ような特別仕様モデルとして展開します。

ウラカン STO 名車「ミウラ」のようにフロントフードごとガバッと開く

 エクステリアは、大穴が開いたボンネット、大きなリアウイング、シャークフィンやルーバーが目を引く過激仕様。空力性能向上のため「コファンゴ(Confango)」と呼ぶボンネット、フェンダー、バンパーを一体化した構成に変えられ、ランボルギーニの超名車「ミウラ」のようにフロント部がガバッと開きます。軽量化や空力性能の追求とともに、レースでの整備性向上なども見込みます。

 パワートレインは、最大出力640馬力(470kW)、最大トルク57.6kgf-m(565Nm)を発生する5.2リッターV型10気筒エンジンと4WDシステムを搭載し、最高速度は時速310キロ、ゼロヒャク加速3秒を実現します。

 ちなみに既存のロードモデル、ウラカンEVO(関連記事)はエンジン出力が同じながら、最高時速325キロ、ゼロヒャク加速2.9秒。ウラカンSTOは直線速度ではなく、より強力なダウンフォースを発生させ、サーキットでの総合性能を徹底追求した仕様であることが伺えます。

ウラカン EVO (参考)ウラカンEVO
室内はカーボン製シートなどを採用し軽量化を重視 車内はスパルタンながらもロードカーのため高級感や快適性も。サーキット走行時のモニタリングが可能なタッチスクリーンを採用
サーキット向けに設定されたエンジンや駆動系を採用 エンジンフードのシャークフィンや大型リアウイングも目を引く

 日本では2021年春にデリバリー開始予定で、価格は3750万円(税別)から。消費税だけで375万円、多くの人が選ぶオプションなども含めた乗り出し参考価格は4500万円から5000万円に達するとされます。

ランボルギーニ「ウラカンSTO」フォトギャラリー

ランボルギーニ「ウラカンSTO」(写真:ランボルギーニ、以下同) ウラカン STO 室内はカーボン製シートなどを採用し軽量化を重視 サーキット向けに設定されたエンジンや駆動系を採用 ランボルギーニ「ウラカンSTO」(写真:ランボルギーニ、以下同) ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる