ニュース
» 2020年11月24日 18時00分 公開

キレッキレの過激仕様 ランボルギーニから公道走れるレーシングカー「ウラカンSTO」日本で発売 (1/3)

消費税だけで375万円だぜ……。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 アウトモビリ・ランボルギーニ(以下、ランボルギーニ)は11月19日(現地時間)、主力スポーツモデル・ウラカンの進化型モデル「ウラカンSTO」を発表しました。

ランボルギーニ「ウラカンSTO」(写真:ランボルギーニ、以下同) ランボルギーニ「ウラカンSTO」(写真:アウトモビリ・ランボルギーニ、以下同)

 ウラカンは、V10エンジンを搭載するランボルギーニの主力スポーツモデル。今回登場するウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)は、サーキット専用車両「ウラカン スーパートロフェオEVO」やGT3レース向け車両「ウラカン GT3 EVO」の性能や仕様、技術をフィードバックし、迫力ありまくりのサーキット仕様ルックスや性能をほぼそのままに公道走行対応としました。

 具体的には、街乗りでも使いつつ、週末はサーキットまで自走してそのままサーキットで性能を解き放つ──ような特別仕様モデルとして展開します。

ウラカン STO 名車「ミウラ」のようにフロントフードごとガバッと開く

 エクステリアは、大穴が開いたボンネット、大きなリアウイング、シャークフィンやルーバーが目を引く過激仕様。空力性能向上のため「コファンゴ(Confango)」と呼ぶボンネット、フェンダー、バンパーを一体化した構成に変えられ、ランボルギーニの超名車「ミウラ」のようにフロント部がガバッと開きます。軽量化や空力性能の追求とともに、レースでの整備性向上なども見込みます。

 パワートレインは、最大出力640馬力(470kW)、最大トルク57.6kgf-m(565Nm)を発生する5.2リッターV型10気筒エンジンと4WDシステムを搭載し、最高速度は時速310キロ、ゼロヒャク加速3秒を実現します。

 ちなみに既存のロードモデル、ウラカンEVO(関連記事)はエンジン出力が同じながら、最高時速325キロ、ゼロヒャク加速2.9秒。ウラカンSTOは直線速度ではなく、より強力なダウンフォースを発生させ、サーキットでの総合性能を徹底追求した仕様であることが伺えます。

ウラカン EVO (参考)ウラカンEVO
室内はカーボン製シートなどを採用し軽量化を重視 車内はスパルタンながらもロードカーのため高級感や快適性も。サーキット走行時のモニタリングが可能なタッチスクリーンを採用
サーキット向けに設定されたエンジンや駆動系を採用 エンジンフードのシャークフィンや大型リアウイングも目を引く

 日本では2021年春にデリバリー開始予定で、価格は3750万円(税別)から。消費税だけで375万円、多くの人が選ぶオプションなども含めた乗り出し参考価格は4500万円から5000万円に達するとされます。

ランボルギーニ「ウラカンSTO」フォトギャラリー

ランボルギーニ「ウラカンSTO」(写真:ランボルギーニ、以下同) ウラカン STO 室内はカーボン製シートなどを採用し軽量化を重視 サーキット向けに設定されたエンジンや駆動系を採用 ランボルギーニ「ウラカンSTO」(写真:ランボルギーニ、以下同) ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」 ランボルギーニ「ウラカンSTO」
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン